現役バリスタが選ぶ、ウェリントンCBDのおすすめカフェ3選!

ウェリントンCBD内には、隠れ家的カフェが沢山存在します

こんにちは、Akaneです。

私の現在住むニュージーランドの小さな首都ウェリントンは、人々の生活に深く根付いたカフェ文化から「小さなコーヒーキャピタル」と呼ばれています。

「人も歩けばカフェに当たる」なんて言えてしまうほどのカフェの多さからコーヒー好きには天国のような街ですが、いかんせん数が多すぎて飽和気味だし、残念ながらどこのカフェでもおいしいコーヒーが飲めるとは限りません。

 

そこで今回はバリスタである私の独断と偏見(?)から、ここに行けば絶対おいしいコーヒーが飲める!と保証できるウェリントンのオススメカフェを、 世界的に有名なニュージーランドのコーヒー文化とあわせてご紹介しますね。

スポンサーリンク

ニュージー&ウェリントンのコーヒー文化

たまに日本でも見かけるフラットホワイト発祥の地(オーストラリア説もあり)ニュージーランドでは、コーヒーは人々の日常生活と食文化に深く浸透している飲み物です。

おもに、イタリア発のエスプレッソベースのコーヒーが主流ですが、ペーターフィルターを使って濾したドリップ=フィルターコーヒーを提供しているお店もあります。

 

ウェリントン発のコーヒーロースターは数多く、老舗のHavana CoffeeCaffe L’affare にはじまり、国内に多くのカフェ店舗を展開するMojo Coffee 、Flight Coffee、そしてオーストラリアとアジア地区にも展開中のCoffee Supremeなどがあります。

市内のレストラン・カフェが卸している豆もこのうちのどれかが大半を占めています。

 

ただいくら高品質の豆が市場で出回っていても、それを店で扱うバリスタが技術不足だとお金の価値に見合うおいしいコーヒーは頂けません。

加えて、休日にゆっくり過ごしたい時やパソコンでじっくり仕事をしたい時など、利用目的によってカフェ店内の広さやインテリア、席数なども思慮したいところ。そして軽食・スイーツへのこだわりも重要なポイントです!

 

今回はこれらの総合的な観点から、個人的に自信を持ってオススメできるカフェをピックアップしました!(この記事執筆中の2017年7月現在)

メンフィス・ベレ(Memphis Belle Coffee House)

ウェリントンカフェ代表といえばここ、メンフィス・ベレ!

ウェリントンに訪れたら必ず行って欲しい、市内で一番キャラの立ってるカフェ代表といえばここ。いつ訪れても元気なバリスタの兄ちゃん達とお客さんで賑わっています。

 

ヴィンテージなのかガラクタなんだか分からない小物と落書きで埋め尽くされた店内、いつも爆音に近いBGMに加えて、公衆トイレの前という立地もミソ。

 

一件近寄りがたい雰囲気があるように見えますが、コーヒーとスイーツの味は折り紙つきです。今まで一回も外したことはありません!豆はFlight Coffeeを使っています。

毎回オーダーするリストレット・ショットのピコロと、アーモンドフリアンド

 

私自身のバリスタ経験からお話すると、コーヒーラッシュの時間帯にはクオリティよりもスピード重視にせざるを得ないケースが多々あります。

しかしここは常に忙しそうな反面コーヒーの味は安定しているので、常に品質を重視しているんだと思います(基本オーナーの方針によります)。

 

お店のすぐ外には不揃いのソファやテーブル(これも店の独特の色)があちこちにあり、晴れた日、特に夏日には外の席でのんびりすると気持ちいいです!

でも外ではタバコを吸う人が多いので、苦手な人は要注意。

Memphis Belle Coffee House
住所71 Dixon Street, Te Aro, Wellington
電話021 244 8669
営業時間
月〜金:7am – 5pm、 土・日: 8:30am – 5pm

 

(2018年12月16日追記)

残念ながら、メンフィス・ベレは2018年末をもって8年の歴史に幕を閉じることとなったようです… 翌年からは、次に紹介するカフェLamazonのバリスタが新カフェをオープンするようです。

 

スポンサーリンク

ラマゾン(Lamason Brew Bar)

ラマゾンの店内。ディスプレイなど所々にこだわりが見られます

中心部、大通りの間に挟まれるようにぽつんとある隠れ家的カフェ。私は同僚のバリスタから教えてもらうまで気付きませんでした。

知る人は知るカフェらしく、お客さんは周囲のオフィスで働く常連さんが多いようです。

雰囲気はアメリカのサードウェーブ系で、ヒップな感じ。

 

このカフェが他から際立っているポイントは、コーヒーの抽出方法や豆の原産地(オリジン)を豊富な中から選べること。

なかなかニュージーランドで見かけることのないサイフォン式コーヒーを提供していて、これらの器具を理科の実験場のごとくばーんと表カウンターに出しています。

目を引くサイフォン器具が、入ってすぐのカウンターにディスプレイされています

 

私のお気に入りは日本発ハリオV60ドリップ器具で入れた、シングルオリジンのフィルターコーヒーです。オリジンごとに異なるリッチな香りと後味が抜群!

エスプレッソブレンドは飲みやすいまろやかな味。

CBDから少し離れたサバーブ、ニュータウンに本拠を置くフェアトレードのオーガニックコーヒー、People’s Coffeeを使っています。

 

フラットホワイト。丁寧なラテアートで淹れてくれます

上の写真にも写ってますが、店内には日本のインテリア系雑誌がいくつか置いてあります。

店のロゴにもちろりとカタカナが入っていたりして、オーナーが日本に精通している方なのかもしれないです。

 

食事オプションは最小限で朝食メニューにシンプルなトースティ、加えてスコーン、マフィンなどの焼き菓子が幾つかあります。

小さめのカフェで席数も多くはないので、朝の時間帯にはひっきりなしに人が行き来して結構慌ただしいです。4時半まで開いているので訪れるなら午後がおすすめ。

Lamason Brew Bar
住所5 Lombard Street, Te Aro, Wellington
電話(04) 473 1632
営業時間
月〜金:7am – 4:30pm、 土・日: 9:30am – 3:30pm、日曜定休

スポンサーリンク

リーズ・ストリート・ベーカリー(Leeds Street Bakery)

リーズ・ストリート・ベーカリーの外観

メンフィス・ベレから近い大通りから路地に入ったところ、モダンな雰囲気のレーンウェイにある大きなアパートの一階吹き抜け部分にあります。

この高いアパートの天井からぶら下がる大きな電球のオブジェが目印。名前の通りベーカリーに隣接したカフェです。

豆はオークランドのRed Rabbit Coffeeを使っています。

 

エスプレッソブレンドは香りも味も控え目で、優しく飲みやすい味。ここもシングルオリジンのフィルターが美味しいです。しっかりと知識のあるフレンドリーなバリスタ達が、丁寧に作ってくれますよ。

 

有機原料と地元の素材を厳選して作られたスイーツとトーストメニューはお隣のベーカリーで働く職人たちの手によるものです。これがもう、舌が唸るとでも言えるおいしさ!

店を一躍有名にした塩キャラメルクッキーは手のひらくらいの大きなサイズに、大粒の岩塩がまぶしてあって、中はしっとりしています。絶妙な具合の塩辛さと甘さ(と、大きさ)が人気の秘訣!

フラットホワイトと、有名な塩カラメルクッキー
姉妹店のTi Kouka Cafeにて

 

店内の壁にはローカルアーティストの作品が展示されていて、まるでミニギャラリーのような雰囲気。リラックスできる落ち着いたライティングとBGMも魅力です。

座席は長テーブル、ソファ、外のテーブルとあり、使用用途や外のお天気によって種類が選べるのは嬉しいポイント。

アートと照明が上手く配置された、落ち着ける内装

 

このカフェはビジネス街寄りに位置するTi Kouka Cafeの姉妹店となり、そちらも同じような運営方針と雰囲気でおすすめ。

 

ちなみにここのベーカリーで造られたパンは市内の複数のスーパーマーケットに卸されていますが、ここのカフェで買うと一番安く買えます。

Leeds Street Bakery
住所6g/14 Leeds street, Te Aro, Wellington
電話(04) 802 4278
営業時間
月〜金:7:30am – 3:30pm、 土: 8:30am – 3pm、日曜定休

知っておくと良い?豆知識

ニュージーランドでは、カフェにパソコンを持ち込んで仕事するノマド文化はあまり浸透していません(物価が高いので、他国からバックパッカーは来てもデジタル・ノマドはあまり来ないものと思われます)。

そのため、WiFi設備はカフェによってあるところと無いところがあるので、ノマドしたい人は事前に確認することをオススメします。

 

また、コーヒーラッシュの時間はだいたい朝9時〜11時の間なので、このあたりの時間帯に行くと混んでたり待たされたりすることも想定しておきましょう。

そして現場で実際何が起きうるかというと、混んでる→バリスタ急ぐ→コーヒーの質が落ちるという悪循環です。まあ、手練れのバリスタであればこうはならないはずですが…(私はなりませんよ。笑)

 

ウェリントンに来られた際は独自のこだわりを掲げたカフェで、世界的に高品質といわれるが所以のコーヒーを味わってみて下さいね 🙂

 

バリスタの方、これから海外のカフェで働きたいという方には、これらの記事もおすすめです!

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
FacebookTwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top