メキシコ・オアハカの語学学校La Guaridaでスペイン語を4週間学んでみた

メキシコ・オアハカの語学学校La Guaridaでスペイン語を4週間学んでみた

Hola、Akaneです。

突然ですが、スペイン語学習に興味のある方ってどれくらいいらっしゃるのでしょうか?私はノマドとしてスペインに3ヶ月滞在してから、英語に次ぐ第3言語としてスペイン語を学ぶことに興味を持ちました。

今回はそんな夢を叶えるべく、メキシコの京都とも喩される古都・オアハカの語学学校でスペイン語をじっくり4週間学んできました!

 

スペインと比べて生活費が安い中南米は、経済的にスペイン語を学びたい人にとって理想的な留学地です。

また、多彩な伝統文化と民芸品に溢れ、アーティスト達で活気づく街オアハカは、情緒溢れる町並みと治安の良さから外国人の長期滞在者が多い街。市内にスペイン語学校はあちこちに存在しますが、今回私が通ったのは市街中心部にある比較的新しい学校La Guarida。

実際に通学中の友達からのオススメとウェブサイトの印象で通学を決めたのですが、これが大正解。アットホームで活気に満ちた素敵な学校でした!

 

 

というわけで今回は、オアハカのスペイン語学校La Guaridaのレッスン内容や特徴、通ってみた感想などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

La Guaridaについて

ソカロの喧騒が届かない立地にある校舎

他の大手スペイン語学校で教師をしていたメキシコ人講師と、当時その生徒だったアメリカ人が中心となって2019年に設立された新しいスペイン語学校です。

オアハカの中心部(ソカロ)にありアクセス良好なのにも関わらず、外の喧騒が届かないちょっとした穴場的な位置(La Guarida =隠れ家)にあります。

 

オアハカのフォークアートが至るところにある校舎内

こぢんまりとした校舎内にはオアハカの民芸品やモダンアートが所々に飾られていて、堅苦しさのないカジュアルな空間に仕上がっています。

広い公共スペースにはテラス席とフリードリンクスペースが設けられ、常にオープンな雰囲気。休憩時間には生徒も講師もスペースに出てきて、皆でお喋りを楽しみます。

また一般的なカルチャー・スペースとしても機能していて、スペイン語学校としての枠を超えたアクティビティ、ワークショップが充実しているのが特徴!

 

モンテ・アルバンなどオアハカ主要観光地をカバー

講師陣は皆キャリアの長いベテラン揃いで皆フレンドリーです。レッスン中は基本スペイン語のみの環境ですが、一部の講師は英語も話せる(簡単な日本語も!)ので、どうしても分からないことがあれば英語で質問することもできます。

 

また費用もリーズナブルで、一度に長期間申し込めば割引が適用されます。米ドルで設定されていますが、メキシコペソでの支払いもできます。

※記載のレッスン料金は2020年4月現在のものです

スポンサーリンク

選べる豊富なレッスン内容

La Guaridaでは、自分の現在のスペイン語力、興味のある分野とスケジュールに合わせられる豊富なレッスンが用意されています。

レッスン開始前には簡単なスペイン語レベルテストを受けるので、レッスンを初めたものの難しくてついていけない…なんて心配はいりません。

グループレッスン

クラスルームでホワイトボードにメモをとる講師

私が受講したグループレッスンは、月〜金曜の朝9時〜昼12時半に行われます。

レッスン前半は机上でスペイン語の骨組みとなる文法や語録を学び、15分の休憩を挟んだレッスン後半はゲームをしたりしながら、机上で学んだスペイン語を実践します。

 

グループは3〜5人程度の少人数制で、レッスン中は担当講師が1人1人の理解度をチェックしながら進めてくれるため、分からない事があればすぐに質問できる環境です!

 

費用:

1週間 150USD(クラスの始まる前週金曜までに支払えば145USD)

まとめ払い割引:

2週間 285USD
3週間 410USD
4週間 525USD
※以降 1週間延長するごとに125USD

プライベートレッスン(マンツーマン)

気持ちのいいテラス席で勉学に励むことができます

講師と1対1、または友達と一緒に2対1でより集中して学びたい方にはプライベートレッスンがおすすめです。

グループレッスンとは違い、自分の都合の良い時間帯にレッスンを受けられ、またレッスン内容も特定のテーマや自分の興味のある分野などをリクエストすることができるため、よりフレキシブル!

 

また、中南米の文学、スラング、芸術・文化、医療の4つの専門分野に特化した2週間のスペシャルクラスも開講されています。

 

1対1レッスン費用:

1時間 17.50USD
10時間 160USD

2対1レッスン費用:

1時間 21.50USD
10時間 200USD

1対1スペシャルクラス費用:

1時間 18.50USD
10時間 170USD

2対1スペシャルクラス費用:

1時間 22.50USD
10時間 210USD

オンラインレッスン

オアハカにいなくてもレッスンが受講できます

遠方からでも参加可能なオンラインレッスンもあります!

パソコンとZoomやGoogle Hangoutなどの無料アプリ、動画通話に支障のない速さのネット回線があれば、オアハカの校舎でグループレッスンやプライベートレッスンを受講するのと変わらない内容のレッスンが受けられます。

 

レッスンで提供される資料や問題集などはPDFなどの電子フォーマットにて送付されるので、レッスン後の復習も問題ありません!

 

オンライングループレッスン費用:

1週間 35USD(4時間)
4週間 120USD(16時間)

オンライン1対1レッスン費用:

1時間 18USD
5時間 80USD

オンライン2対1レッスン費用:

1時間 22USD
5時間 100USD

オンライン1対1スペシャルクラス費用:

1時間 19USD
5時間 85USD

オンライン1ヶ月特別パッケージ費用:

99USD
※1週間に1度、1時間のレッスン+講師とのオンライン質疑応答

プレイフル・スパニッシュ

La Guaridaでは学習プロセスにおいて、言語の裏にある文化的背景を知り、ネイティブが繊細な感情をどう表現しているか、そして社会における不満や喜びをどう表現しているかなど、「現代の日常生活が形成しているスペイン語」を学ぶことが重要だといいます。

そんなよりリアルなスペイン語を学ぶことができる日替わりの追加レッスンが、プレイフル・スパニッシュです。学べる具体的な内容は以下の通り。

  • メキシコのスラング
  • メキシコの日常フレーズと使い方
  • テキスト、メールで使うスペイン語
  • 罵り言葉、感嘆符

 

日常会話がそこそこできるようになってくる中級以上のレベルになってから受講すると、会話の内容をより充実させることができると思います。

(私はこのレベルにはまだまだ到達してません…でも、いつかは〜)

 

費用:

1.5時間分のレッスン 17USD
7.5時間分のレッスン 80USD
※レッスン内容によっては追加費用が発生

豊富なアクティビティとワークショップ

民芸品制作ワークショップなどが満載

コミュニティスペースとしても運営されているLa Guaridaで体験できること、それはただのスペイン語レッスンだけではありません!

 

思うにこれがLa Guaridaの真髄だと思うのですが、それは生徒と講師、地元のゲストを交えた豊富なアクティビティと、オアハカならではの芸術・文化を体験できるワークショップにあります。

レッスンで学んだスペイン語を現地オアハカでの文化交流を通じて実践し、身につけることができます。

 

ローカルの市場を訪問して講師と食材を買い出し中

各アクティビティは毎週主要レッスン後の午後、または週末に行われていて、内容は以下のようなものがあります。

 

  • 週2回のランゲージ・エクスチェンジ(インターカンビオ)
  • 毎週木曜夜、週毎に違った地元パブでの飲み会
  • 週末オアハカ観光・食文化体験
  • メキシコ料理教室
  • 地元アーティストとのワークショップ

 

私はひととおり体験しましたが、おすすめはインターカンビオです。日本語(もしくは流暢な言語)を勉強しているスペイン語話者と1対1のペアになり、それぞれ30分づつお互いの言語を教え合うセッションです。メキシコ人で日本語を学んでる人は意外と多く、パートナーは学校側が手配してくれます。

クラスで学んだスペイン語を実践し、一定のフレーズがローカルの間ではどのように使われているか、一定の状況下で使用するうえでより自然な単語は何かなど、より突っ込んだ質問ができるプライベートな場所として重宝しました。参加の際にはメモをお忘れなく!

 

全てイチから準備するメキシコ料理教室

また料理好きなら、地元市場へ材料を購入するところから始まる料理教室も楽しいですよ〜。

 

 

費用:

一部を除いたアクティビティの費用はグループレッスン費用に込み
グループレッスン以外で1週間6時間以上のレッスン受講者は+10USD
※アクティビティ内容よっては費用が発生

スポンサーリンク

4週間のグループレッスンの感想


私は4週間グループレッスンを受講するつもりでしたが、様子見として最初は2週間だけ申し込みました。結果、予想以上に楽しかったのでもう2週間延長し、当初の予定通り4週間通いました!

通学中、午前中は学校でグループレッスン、午後は仕事、もしくはアクティビティに参加か午前中の復習をし、夜と週末は時たまアクティビティに参加していて、とても充実した日々を過ごせました。

 

クラスメイトと講師は毎週月曜日に少しだけ入れ替わるので、飽きることなく続けられました。また、クラスメイトのほとんどはアメリカかカナダからの定年退職者、学生、旅行者などで、実はスペイン語と平行して英語を強化するという面でも良かったです!

クラスルーム以外でもワークショップやアクティビティで色々な人と交流できるので、学校以外にも繋がりが増えました。私のようにオアハカに長期滞在する人にとっては、ネットワーク構築の場としても良いですよ!

 

ノートとオンラインのリソースを駆使して午後は図書館で復習

ただ私の場合フリーランスの仕事も通常通りこなしていたので、思うように自己学習や復習ができないこともありました。

レッスン期間の途中、スケジュールと体調を整えるために1週間お休みを貰ったので、できればレッスン期間中は学習に集中できる環境を事前に作っておくと良いかなと思います。

 

この点、講師陣はとってもフレキシブルに対応してくれて有り難かったです!とにかく生徒の予定を優先してくれ、費用面でもすべて明確にしてくれたので助かりました。

オアハカでスペイン語を学ぶなら絶対にオススメ

クラスメイトと講師陣たち

オアハカ滞在中に興味本位でスペイン語を学んでみたい方も、就職や進学でスペイン語学習を検討中の方も、La Guaridaは自信を持ってオススメします。講師陣も生徒もみんな家族のような雰囲気のなか、のびのびと学ぶことができますよ!

予算の少ないバックパッカーや文化交流に興味のある人には、スカラーシップ(奨学金)制度もあります。スペイン語を学びたい人誰もが通学できる環境作りに取り組んでいるんですね。

 

レッスンに興味のある人はぜひウェブサイトのフォームから問い合わせてみてください!北米〜中米を自転車で横断中にオアハカに住み着き、学校を始めたというHelenaが親切に対応してくれます。

 

 

海外への航空券検索は使い勝手の良いSkyscanner, または最安値と目的地を視覚的に比較・検索できるEscapeがおすすめです。
海外宿泊先は短期間なら世界最大の宿泊予約サイトBooking.com、暮らすように生活するなら長期滞在割引のあるAirbnbで!
海外滞在期間をカバーする旅行保険は、世界中の旅人から信頼の厚いWorld Nomadを検討してみてください。
海外長期滞在のパッキングのコツ自炊レシピ日本出国前の手続きについての記事も人気なので、こちらもあわせてどうぞ。

 

関連記事:



 


 

この記事が参考になったり面白いと思ったら、よければ下記SNSボタンからシェアしてください!

FacebookTwitterInstagramYouTubeにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。

ブログのご感想や記事内容のリクエストなどがあれば、上記SNSで声をかけて頂くか、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top