バリ島ウブドのコワーキングスペース3拠点を紹介!田んぼの中でのノマド生活

バリ島ウブドのコワーキングスペースを3つ紹介!田んぼの中でのノマド生活

こんにちは、Akaneです。

観光地としてだけでなく、今やスタートアップやノマドの聖地として有名なインドネシアのバリ島には、たくさんのコワーキング・コーリビングスペースがあります。

私は4ヶ月のウブド滞在期間中に3つのコワーキングスペースを利用しましたが、それぞれに特徴や個性があって一辺倒でないのが印象的でした。

 

最終的には自分にとって一番使いやすい場所に落ち着き、イベントやレクチャーに参加したり、毎日会う人と雑談から仲良くなったり、仕事・プライベートともに充実した時間を過ごすことができました!

というわけで、今回はバリ島のコワーキングスペースの特徴と、私が利用したウブドの3つのコワーキングスペースの紹介、そして実際使ってみた感想をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

バリ島コワーキングスペースの特徴

ハンモックやクッションが置かれたHubudのガーデン

バリ島は現在のノマドムーブメント発祥の地。コワーキングスペースには先人たちの知恵がしっかり活かされているな〜と感じました。

仕事、交流、休憩など、全ての利用者が快適に施設を使用できるように考え抜かれた配慮がなされています。

用途や目的によって区切られた作業スペース

ノマドたちが各自仕事に集中できるような環境が整えられています

コワーキングスペース内は大小いくつかの部屋に区切られていて、それぞれ雑談禁止、飲食不可、カフェ併設、冷房つきなど、独自の設備やルールが設けられています。

常に作業環境が変わるノマドでいると、集中するはずが雑談してしまったり、近くのグループの話し声が耳障りで集中できなかったり、部屋が暑すぎて生産性が保てなかったり…なんていうことはしばしば起こります。

でもこのように区画分けがされていると、仕事内容やその日の気分によってスペース内で陣取る場所を自由に変えることができるのですね。

コワーキング内の活発なコミュニティ・イベント

コワーキングの仲間たちとMt Batur日の出トレッキングへ

各コワーキングスペースでは利用者間やローカルとのコミュニティ形成が活発で、ワークショップやレクチャー、メンバー間ランチ、観光ツアーなどのイベントが盛りだくさん

週末を覗き、ほぼ毎日どこかで何かのイベントが催されているので、交流を広めて友達を作りやすい環境です。

また、メンバーは常に流動的なため、気の合う仲間や将来のビジネスパートナーに出会えるチャンスは毎日のように訪れるのも魅力。

 

ノマド生活を容易にするコーリビング施設が併設

過去のノマド生活のリスクについての記事でも紹介しましたが、多くのノマドが抱える現実問題、それは異国の地で孤独に陥りやすいことです。

 

そんな問題を解消する一環として、最近日本でもムーブメントが起こりつつあるのがコーリビング(共同生活施設)。

バリ島のコワーキングスペースはコーリビング併設であることが多く、ノマドにとって尽きない悩みのタネの一つである部屋探しの手間を解消するだけでなく、同じような境遇のノマド達と到着後すぐに交流できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Outpost | Colive\Coworkさん(@destination.outpost)がシェアした投稿

豊かな自然と隣あわせの快適な仕事環境

ウブドに広がるのどかなライスフィールド

もともとバケーションの滞在先として人気のバリ島には、神秘的なバリ・ヒンドゥー文化、トロピカルな気候、田んぼが延々と続くのどかな光景など、忙しい現代人にとって心癒される要素にあふれています。

パソコンから離れて少し外へ出れば、そこはニワトリやカエルの鳴き声が響き渡るどかな田園地帯。特に何もせずともオン・オフの切り替えが容易にできちゃう環境が広がっています。

 

この環境は、自分でも驚くほど仕事の生産性アップの手助けになっていました。

スポンサーリンク

バリ島コワーキングスペースの施設・設備

メンバー登録をすると、以下のようなスペース内の施設・設備が使用できるようになるだけでなく、様々な特典もついてきます。

  • 共用キッチン
  • ミーティングルーム、Skypeルーム、グループ用オフィス
  • フリードリンク(水、コーヒー、紅茶)
  • 併設カフェ
  • スキャナ&プリンター
  • メンバー内コミュニティツール(Slack、Facebookなど)
  • 提携施設の割引特典(レストラン、スパ、ヨガスタジオなど)

 

また、施設内の受付・管理スタッフのほとんどは英会話に問題のないインドネシア人で、みんな気さくでとっても親切です!

誰かが常時受付にいるので、困ったときにはいつでも頼れる心強い存在です。

 

ここからは、私が実際に利用したウブドのコワーキングスペース3つを紹介していきます!

【Hubud】ウブド中心部に位置する活発なコミュニティスペース

Hubudの作業スペースはバリ島ならではの竹建築

私がウブドに来て最初に利用したのが、ウブドのコワーキングスペース立役者であるHubud(Hub-in-Ubud)です。

 

 

バリらしい竹のインテリア、屋根やガーデンで遊び回る猿たちと、開放感あふれるオープンスタイルのカフェが特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akane Yabushitaさん(@akane.yabushita)がシェアした投稿

 

世界を見回してもここまで個性的で、現地の文化と空気を帯びた(キャラ立ちした)コワーキングスペースはないんじゃないかな?

2階にはミーティングスペース、Skypeルームと冷房のきいた作業部屋が

 

基本24時間使用可能な施設内のWiFiは安定していて、清掃も含めて常にしっかりと管理されています。

いつでも清潔に保たれている教養キッチン

 

サービス面では、住所のないノマドにとって有り難い宅配物受け取りサービスや、Macの調子が悪いときの相談口・MacドクターBramは頼もしい存在です。

(私は滞在中MacもiPhoneも調子が悪くなり、彼にはかなりお世話になりました!)

Hubudの良い点

◯ ウブド中心部に位置し、アクセスが容易

ウブドの主要観光地の一つ、モンキー・フォレスト駐車場入り口の目の前に位置していて、利便性は抜群です。

レストランやお土産屋さんが周辺に立ち並んでいるので、ちょっとした買い物も楽ちん。

 

◯ 超活発なノマド・コミュニティ

 

この投稿をInstagramで見る

 

HUBUD Coworking Space – Baliさん(@hubudbali)がシェアした投稿

Hubudの一番の特徴はそのコミュニティ感の濃さ!

超元気なマネージャーVittoとKasyfiの手腕により、月〜金の基本は毎日(!)何かしらのイベントが開催されています。

 

トーストマスターズだったり、レクチャーだったり、映画上映会だったり、ハイキングだったりと様々ですが、パーティー好き・交流好きなら迷わずHubudをオススメします!

 

Hubudのイマイチな点

☓ 竹建築の性質上、騒音が筒抜け

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akane Yabushitaさん(@beeawanderluster)がシェアした投稿


竹建築のバリらしい雰囲気の中で仕事できるなんて最高〜と思いきや、天然素材は天然素材。

残念ながら防音効果はまったく期待できません(してあるのか謎…)。

スペース内は全体的に小さめなので、足音や話し声などがどこにいても響いてきます。集中したいときはイヤホン持参でどうぞ。

 

☓ 可愛いけどずる賢い猿たちに要注意

モンキー・フォレスト周辺を縄張りとする猿たち

隣のモンキー・フォレストからやってくる猿たちはマスコットみたいで可愛いのですが、実際には猿知恵が働くずる賢〜い動物。

ガーデンカフェにいる間、油断してるとバナナやチップスなどをつかみ取られたりするので要注意です!

 

また屋根を集団でドタバタ走り回るので、2階の部屋(雑談禁止の冷房部屋)にいるとその騒音や振動が結構響きます…可愛さ余って憎さ百倍ってやつです(笑)

 

 

公式サイト:

Hubud | Bali’s First Coworking Space | Our work is changing – Hubud

【Outpost】バリ島内に3拠点!生産性を高められる広々とした空間

Outpostは一つの建物がまるごとコワーキングスペース

今回私が最も長く利用することになった、私的に太鼓判を押すコワーキングスペースがOutpost Coworkingです。

 

 

現在はウブドのニュークニン村とビーチ沿いの人気エリア・チャングーに2拠点、9月には新しくウブド内の2拠点目が、中心部から北西部のペネスタナンにオープンします(コーリビングは6月にオープン済)!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Outpost | Colive\Coworkさん(@destination.outpost)がシェアした投稿

 

私は週末に一度チャングーの施設を利用してみました!

また、カンボジアにも拠点があり、これから東南アジア圏内に拠点を拡大していくのかな〜と思われます。

 

私がOutpostに惚れたポイントは、高い天井で開放感溢れる作業空間と、緑あふれる広い敷地内を自由に動き回れることです。

Outpostの一階部分は静かな空調の効いたエリア

 

仕事中、一息つくのにぴったりなテラスやガーデンも併設されていて、私のようにマイペースに作業したい人にはピッタリ。

 

ちなみに、チャングーでは施設内に小さなプールがありますが、ウブドでは隣のホテルの大きなプールが無料で利用可能です。

プールなくしてバリ島生活は完成しない、というモノねだりなノマドは多いです(私的見解)。

Outpostメンバーはお隣Bali Spirit Hotelの大きなプールが使用可能

 

Outpostの良い点

◯ 併設カフェの食事デリバリーサービス

コワーキング併設のカフェ、Green Window Cafeにメンバー間のコミュニティツールSlackから注文(写真)すれば、自分のいるデスクまでドリンクや食事を届けてくれます!

支払いもデスクで済ませられるので、カフェまで出向く時間も惜しい!なんて忙しいノマドには嬉しいサービス。

 

Green Window Cafeの絶品ココナッツラテ!砂糖なしでどうぞ

西洋とインドネシア料理の両方を取り入れたカフェメニューはなかなかお手頃価格で、私のオススメはココナッツラテ(25,000ルピア=約200円)。

このコーヒーとミルクのバランスが絶妙〜で、なかなか腕の立つバリスタがいるものと思われます…!

 

◯ 選べる数種類のデスクやクッション

Outpost2階のテラス席は涼しい夕方に最適な作業空間

長期滞在している方の話によると、元々は病院だった建物を改装して造られたそうで、広い敷地をまるごと活かして作られた開放的なスペース内には、様々なタイプのデスクが整備されています。

長机やソファ、快適なオフィスチェアから、クッションベッドやハンモックもあるので、ラップトップ一つで様々なデスクをハシゴできちゃいます。

寝ころびながらメールする贅沢…(笑)

 

Outpostのイマイチな点

☓ 中心部から少し離れた村に位置する

Outpostのあるニュークニン村

OutpostはHubudのあるモンキー・フォレストから北へ徒歩20分弱のニュークニン村にあります。バイクに乗れる人は問題ない距離ですが、交通手段が歩きのみだったり、気温の高い日中の訪問には少し苦労するかも。

ニュークニン村は地元の人々が暮らす小さな村で、Outpost周辺には観光客向けの宿泊施設やレストランが多くあります。

 

☓ コミュニティ感はHubudに少し劣る

「狭くて密」なHubudに比べると、Outpostは広い空間に対してコミュ感が少し劣るようなきらいがあります。よりプロフェッショナルで、仕事に集中できる空間。

イベントやメンバーランチなどは定期的に企画されているので、私的には好みの頻度と距離感が上手くハマったのですが、密な繋がりを求める人には少し物足りないかもしれません。

 

でも全体的にみて、私にとってOutpostのイマイチな点はあまり思い当たらないです。それくらいパーフェクト!なコワーキングスペースでした。

 

公式サイト:

Outpost | Coworking and Coliving in Bali & Cambodia

スポンサーリンク

【Onion Collective】お手頃価格が魅力なコワーキング☓リビング☓カフェ

最後にご紹介するのは、マイノリティながらも存在感を放つコワーキングスペース Onion Collective

 

 

私は1日だけ利用したのですが、上記2つのコワーキングと比べると小さめで、空調の効いた居心地のいい作業空間が魅力です!

個性的なインテリアが楽しいOnion CoのPassion Lab

 

そして、ここの利点はなんといってもお手頃な利用料金。1ヶ月使い放題プランで1,000,000ルピア(約7,800円)という破格!

財政状況が少し厳しいときには、有り難い存在となりそうです。

 

Onion Coにはスライダー付きのプール併設

コワーキングスペースの隣にはコーリビングスペース、小さなプール、そしてカフェ&バーが併設されていて、全てが同じ敷地内にあります。

全体的にお庭みたいな開放的な雰囲気で、騒がしいウブド中心部とは思えないほど。

 

その晩に出会ったノマドも含め、仲間たちと一枚

私はレストランを何度か利用しましたが、友達とシェアした西洋とインドネシアのフュージョン料理のようなメニューは絶品でした!

 

また夜には基本毎日ライブ・ミュージックイベントがあるようなので、隣のプールとあわせて仕事の後にチルしたい人には最適な環境です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Onion Co Ubud Baliさん(@theonionco)がシェアした投稿

 

オーナーの女性と話したのですが、ここのコミュニティは他のコワーキングスペースと比べると小さめだけど、小さいからこそ一人ひとりに配慮が行き届くため、皆が心地よくいられる空間造りを心がけていると話していました。

利用者によるレクチャーや交流会などが頻繁に開催されているので、気になったらアップデートが盛んなFacebookページを定期的にチェックしてみてください!

 

公式サイト:

The Onion Collective | Restaurant, Homestay & Coworking Space

まとめ:自分に合ったコワーキングスペース選びを

ノマドにとって、コワーキング・リビングスペースは一日のうち長い時間を過ごすことになるため、自分に合う場所を見つけることはとても重要です。

でも、実際使ってみないとわからない部分も多いのも事実。そんなときはお試しで1日パスを購入、または初日無料パスを利用して、施設や利用者の印象を確かめてみることをオススメします。

 

上記3つのコワーキングスペースでは、Outpostのみが初回利用無料パスを提供しています。Cowoker.comという世界中のコワーキングスペースのデータベースサイトから問い合わせてみて下さいね。

 

 

同じような設備を備えたコワーキングスペースでも、場所によって雰囲気や方向性は千差万別です。

ノマドの聖地・バリ島ウブドでの生活を最大限味わうためにも、自分に適したコワーキングスペース選びには時間をかけてみてください。

 

そして、この記事が少しでもその手助けになれば嬉しいです!

 

公式サイト:

Hubud | Bali’s First Coworking Space | Our work is changing – Hubud

Outpost | Coworking and Coliving in Bali & Cambodia

The Onion Collective | Restaurant, Homestay & Coworking Space

 

関連記事:



 


 

この記事が参考になったり面白いと思ったら、よければ下記SNSボタンよりシェアしてください!

FacebookTwitterInstagramYouTubeにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。

ブログのご感想や記事内容のリクエストなどがあれば、上記SNSで声をかけて頂くか、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top