【ノマド生活inダナン】人気のビーチリゾートがノマドに最適な5つの理由5 Reasons Why Da Nang is a Great Place for Digital Nomads

【ノマド生活inダナン】人気のビーチリゾートがノマドに最適な5つの理由

シンチャオ、Akaneです。

ダナンは長ーく伸びたビーチ沿いの街であることから、観光業界ではビーチリゾートとして有名なようですが、実はとってもノマドフレンドリーな街でもあります!私はその噂を聞きつけ、4ヶ月半住んだチェンマイの次の滞在先として選んだのですが、噂に違わぬ環境に居心地の良さを感じています。

短期・長期ともに滞在先の選択肢が豊富で、物価が安いことから固定費を最大限抑える事ができます。安くて美味しいベトナム料理は毎日食べても飽きないし、ノマド作業に適したカフェは豊富にあって困りません。休日には近郊でベトナム観光を楽しんで、締めにはビーチでのんびりと。

こんなノマドの「欲しい」チェックリストをほぼ満たしている環境は、なかなかないはず!

 

ということで、滞在し始めてから3週間程度経った今、ダナンがどれほどノマドにとって最適な街なのかを、ざっくりと5点ご紹介したいと思います。

これをきっかけに、もっと沢山のノマドが訪れてくれることを願って!

スポンサーリンク

1:ノマド作業に最適なカフェとコワーキング

まず、ノマドになくてはらない作業環境=カフェとコワーキングスペース。こちらは現段階でどちらも申し分ないほど充実していますよ。

ノマドに必要な設備が揃ったカフェ

少し歩けばカフェに当たる、とばかりにカフェとコーヒーショップで溢れたダナン。滞在中カフェイン不足に陥ることはまずないです!

 

地元の人達の社交の場として使われるベトナムのローカルカフェ

カフェはざっくりと分けて2種類あり、地元の人々の日常の社交場を兼ねたカフェ(オープンスタイル:写真上)と、外国人や若者が集まるモダンなカフェ(オープン+インドアスペース:写真下)があります。ノマドは後者向け。

 

ノマドにとって働きやすい環境があるのは近代的なカフェ

WiFiは1箇所に2〜3シグナルが飛んでいるのが普通です。時々不安定になることもありますが、完璧に切断されることはほぼ稀です。

また、席数の多い大型カフェが多く、使えるプラグはあちこちにあるので、場所取りにあまり気を使わなくても大丈夫!

 

 

カフェに長〜く居座る地元の人の気質からか、こちらも長〜い間作業しててもまったく気にされません。ひんぱんにお水を注ぎ足しに来てくれるのも嬉しいサービス♪

スタートアップがアツい!コワーキングが充実

ハン川を挟んで西側の街の中心部では、IT系の企業が盛り上がりを見せているようです。ダナンのコワーキングスペースも、名物ドラゴン橋を中心としたこの一帯に密集しています。

 

ダナンのコワーキングスペース、Enouvo Space

私は橋を挟んだ東側に位置する唯一のコワーキングスペース、Enouvo Spaceを利用してみました!1つのビルを母体のIT企業と一般客でシェアして使う、コワーキング&コーリビング(共同生活)スペースです。

 

ビルの内部はモダンな作りで、地上から1階までの吹き抜けが開放的な空間を創り出していました。

 

外国人のアントレプレナーや、若手のベトナム人を中心とした街のスタートアップシーンもアツいようで、これらのコワーキングスペースでは頻繁にイベントが開催されていますよ!ノマド仲間と出会うチャンスですね。

 

ダナンのコワーキングスペース一覧はこちら。

See All Coworking Spaces in Da Nang | Coworker.com

2: 仕事上がりに直行できるビーチ

ノマドの大好物・ビーチ。ビーチのベッドに寝転んでカクテルを飲みながらMacでお仕事なんていう、デジタル・ノマド定番の(ちょっと滑稽な?)生活が実現できます!

 

リゾート化が進んでいるミーケビーチは、サーフするにも寛ぐにも最適

とはちょっと大袈裟ですが(やろうとしたらできるけど)、仕事上がりにビーチへ直行してひと泳ぎ!なんて健康的な生活が可能です。

街のメインビーチ、ミーケ・ビーチ(My Khe Beach)
へは街の中心部からバイクで10分〜15分ほど。橋を挟んで東のビーチ側に住めば、歩いて行くことができます。

 

 

ミーケ・ビーチは夕暮れ時がピークタイム。その様子をこちらのゆる動画でご紹介しています。

ミーケビーチまで徒歩圏内のアン・ソンエリア

私の現在住むアン・ソン(An Thuong)は、ダナンのメインビーチであるミーケビーチまで徒歩圏内であることから、外国人が多く滞在する人気急上昇中のエリア。徒歩で十分移動が可能な範囲に便利なお店がたくさんあります。

 

ホテルや商業施設の開発があちこちで進み、カフェ、レストランなどの食事のオプションも豊富。バーやマッサージ屋なども充実しているので、昼夜を問わずノマド生活を快適に過ごすことができますよ。

スポンサーリンク

3: タイを上回るほど安い生活費

著しい経済成長にも関わらず、物価は未だに驚くほど安いです!固定費を抑えたい方にはまさに絶好の環境といえます。

日本人の舌に合うベトナム料理

まずお食事。路上の屋台でベトナムのサンドイッチであるバゲットサンド、バン・ミーを買うと、なんと1万ドンから(約50円)という破格!

 

ホイアンの有名なバン・ミーショップには長蛇の列が

ローカルの食堂でベトナム料理を食べても、2万ドン〜4万ドン(約100円〜200円)という驚きの価格帯で食事できます。

 

辛すぎず、甘すぎないベトナム料理は日本人好みの味。毎日でも飽きること無く食べられ、かつ経済的なベトナム料理は重宝するはずです。

選択肢豊富なコーヒー

作業のお供であるコーヒーにおいては、ベトナム人が大好きなだけあり、お手頃価格かつ多彩な抽出方法から選べます!これはコーヒー好きには嬉しい♪

 

ドぎついベトナムコーヒーは一杯たったの1万ドン〜2万ドン(約50円〜100円)。イタリア式コーヒーならエスプレッソが2万ドン〜3万ドン(約100円〜150円)、アメリカーノが2万ドン〜4万ドン(約100円〜200円)。

 

本格的なコーヒーショップに行けば、ハンドドリップやエアロプレスなどが3万ドン〜5万ドン(約150円〜250円)くらいで楽しめます!

外国人向けのワンルームアパート

増える外国人のニーズに答えるためか、単身・カップル用のモダンなワンルームアパート(スタジオ)が豊富にあります。

安い物件であれば家賃月250米ドル(約28,000円)くらいから!キッチンやバスルームなどの設備をシェアする必要なくして、月々この価格帯で住むことができるんです。

 

キッチン・バスルーム完備の小さなスタジオなら家賃月3万円上下

契約期間は1ヶ月からがほとんどですが、それより短期間の滞在でも、Airbnbなどで簡単にワンルームアパートを借りることができます。

 

空き物件の探し方は、Facebookグループ直接訪問など様々な方法があります。Facebookであれば Hotel, house, apartment, room for rent – Da Nang Hoi An Expats もしくは Da Nang Hoi An Expats & Backpacker Sales をチェックしてみてください。

ダナンのアパートに特化した不動産エージェントサイトで物件探しするのも良い方法。たとえば Home LikeDa Nang LandLord などがあります。

4: Grabのバイタクで楽々移動

ダナンはそれほど大きな街ではありませんが、住むエリア以外へ足を伸ばす時はバイクがないと不便です。

 

人々の主な移動手段は断然バイクが主流

でもバイクは乗れないし、タクシーはぼったくられそうで怖い。という方もご安心あれ。配車アプリGrabでタクシー、またはバイクタクシーを使えば移動は楽々です!

 

Grab - Ride Hailing App

Grab – Ride Hailing App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 

予約をする前に利用料金を確認できる上、支払いには現金のほかカード払いも可能。ほんと便利な時代になりました…。

もっと安く行くならDanabusを利用

ダナンには公共バス(Danabus)が走っています。ルートによって変動する料金は片道5千ドン(約25円!)からというお手軽さ。

バスルートや時刻表がチェックできる便利なアプリもあります。

DanaBus

DanaBus
開発元:Danang City
posted withアプリーチ

 

しかしローカル向けのバスなので、乗車時に正規料金とは違う外国人料金を請求される可能性もあります… ご利用の際は注意!

スポンサーリンク

5: 街を拠点として便利にベトナム観光

拠点を変え続けるノマドのメリットの1つ、それは滞在地ごとに周辺地域の観光ができること!

特に文化遺産が豊富に残り観光業が伸び続けているベトナムでは、この機会に行かなきゃソンな観光名所が盛りだくさんです。

 

中国の影響を受けたものが多い、ベトナムの歴史的な建築物

ダナンは南北に伸びるベトナムの中間地点に位置しているので、移動には何かと便利。今日は電車で北に行くもよし、明日はバスで南に行くもよし…

週末はパソコンを閉じてお出かけせずにはいられないです!

ダナン近郊の観光スポット

市内北部、ソンチャ半島のリンウン寺にたたずむ真っ白な観音様レディ・ブッダ、五行山の名前で有名なマーブル・マウンテン、そして幻想的なランタンで有名な世界遺産の街ホイアンなどがあります。

 

このうち、どこへ行くにもバスやタクシーで1時間圏内という至近距離なので、十分日帰りが可能です。(ホイアンに限っては夜のランタンを見るために、最低でも現地で一泊することをオススメします!)

まとめ

仕事から遊びまで、ノマド生活を充実させるためのあらゆる要素が詰まった街。それがダナンです!

ノマドの人口でいうとチェンマイにはまだまだ及ばないものの、盛り上がりを見せる街のITシーンとアウトドアや観光を楽しめる周辺環境から、ノマドの間でこれから人気が高まっていくであろう兆しが感じ取れます。

 

その反面、ローカルの人々の生活環境やインフラ面など、まだまだ発展途上段階な面もみられますが、街全体から感じ取れる発展への意欲は凄いです!

この貴重な成長の過程と街のエネルギーを体感する目的も兼ねて、ふらっとダナンにノマドしに来てみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:



 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top