【ワーホリとは】若い内に海外で長期間暮らすということ

Sydney, Marrickvilleでのファーマーズマーケット

こんにちは、Akaneです。

気軽に海外生活が体験できる手段として人気のワーホリビザですが、取得条件に10代後半から30代前半までという年齢制限があります。

そのせいか世間には(まだ)若者が海外で1年遊ぶためのビザというネガティブな表向きのイメージが蔓延しているようす。このビザが若い誰かにもたらしうる重大な機会と人生への影響力に全く目を向けられていないようで、私は残念でなりません!何故ならこの年齢制限はなんとも理にかなった条件だからです。

今回は自分の経験を元に、このビザが若者にもたらしうる重要なものとは一体何かを、掘り下げて書いてみようと思います。

スポンサーリンク



黄金のワーホリビザとは

前回の初回記事でも触れたとおり、私はワーホリビザを活用し、拠点を国から国へとジャンプしながら4年以上生活してきました。

海外で仕事がしたい、生活してみたい、と思っている人は多いと思います。しかしそこで避けては通れない問題がビザ=母国以外の国への滞在許可証です。

様々な種類のビザが存在しますが、日本のパスポートを所有していると数多くの国でビザなしで入国が出来ます。これは言い換えれば入国先の観光ビザがパスポート自動的に付属しているということです。

観光ビザは名前の通り、旅行者へ一時的に発行されるビザです。国によって滞在できる期限は様々ですが、このビザでは合法的にその国で働けません。学校へ通う場合は学生ビザ、仕事をして生計を立てていきたい場合は就労ビザというように、滞在目的に沿ったビザが必要になります。

よって、他国で仕事をしながら生活したい場合、その国の就労許可が含まれたビザが必要になるのですが、これを取得するのは一般的に容易なことではありません。(このへんは後のポストでまた触れたいと思います)

しかし、若い人達には誰にでもこの就労許可を取得するチャンスがあります。これが黄金と呼ばれるワーキングホリデー(ワーホリ)ビザです。このビザを持っていると合法で働けます。仕事を見つけ、生計を立てていくことが可能です。加えて、国によって期間制限はありますが、現地の学校へ通う事だって可能です。

要するに現地で暮らす人達とほぼ同等な権利が、第一に年齢とあとは細かな条件さえクリアできれば手に入るのです。申請可能な年齢は国によって多少の違いはありますが、基本的に20代ならいつだって可能です。

20代という世代

20代は言わずもがな体力的に人生で一番ベストを発揮できる年代です。その反面、精神的には熟しきっていない段階で新しいものを受け入れる余地がまだ豊富にあります。

趣味に没頭したり、スキルをとことん磨いたり。加えて私生活では仕事や人間関係や恋愛など何かと多忙な時期です。言い替えれば、芯の部分が固まっていないスポンジのような段階。まだまだ後先顧みずに無茶できる年代でもあります。

そして20代も中盤くらいにさしかかると、それまで歩んできた道に疑問を持つ人も多いはずです。先の人生上重要になるであろう決断を迷ったり、人生このままでよいのだろうか?と自問自答したり。仕事や生活に追われて実現できていなかったけど、海外にずっと興味があったり、海外でやりたいこと、実現させてみたいことがある人もいるでしょう。

20代の適応能力

一度海外に出ると、それまで当たり前だったものが当たり前ではなくなることが頻繁に起きます。そして日本と比べるとモノゴト自分の思うようにはなかなか進みません。固定概念は取り払われ、馴染みのないことばかりが起き、でもそれが普通とされる国もあるかもしれません。時には理想と現実のギャップに嘆くかもしれません。

しかし若いうちは馴染みのないモノへの対処の仕方が自分なりに自然と掴めてくるもの。これは若ければ若いほど早く柔軟に対応できます。その結果、それが自分にとって心地良いと思うものかもしれないし、そうでないのかもしれません。

新しい自分を見つけに行こう

ワーホリはいわば非日常の環境に長期間身を投じ、自分がどう能動的に反応し、対処していくのか ― 人生でベストな時期にやりたいことをやり、自分で自分を見つめられる機会を提供する、誰にでも手に入れやすい切符のようなものだと私は思っています。そんな一生で何度とないであろう貴重な機会を十分に活用するには、ある意味子供心に戻ることが大事です。そして裸の状態でいること(精神面的に!)。

常にオープンマインドな状態にする。新しいモノに興味を持ち、疑問があれば全て聞く。嬉しいことも悲しいことも、なんでも人に話す。来るものを拒まない。固定概念やプライドにしがみつかない。そして、今まで興味を持っていたことや、やりたいと思っていたことには、怖れずに挑戦する。

難しく聞こえるかもしれませんが、これがワーホリを骨の髄まで楽しむコツです。

何かを変えたい、新しいことを始めたい、すべてをリセットしたい。
そんな人に、海外はうってつけのプラットフォームです。

結果、その国の生活は自分には馴染まないと思えば、また違った文化を持つ国へ行ってみるのも手です。それか、日本へ帰国して後の人生を歩んでいったほうが、幸せになれるかもしれません。
その逆のケースもしかり(Vise Versaと英語ではいいます)。Welcome to the world!

ワーホリには、失敗も成功もないのです。それよりも、その間に自分の中で何が変わったか、そしてそれをその先の人生でどう昇華していけるか、が重要だと思っています。

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top