海外就職の現実・価値と、心がけておきたいこと3つ

ウェリントンの町外れのニュータウンにある、小さなカフェ

こんにちは、Akaneです。

海外で英語を使って現地の人達と仕事したいと思っている人は多いと思います。ワーホリでは英語力を伸ばしたいから!という人もいるはず。はい、私もそうでした。

これらについて個人的な経験から言えるのはやってる間は楽ではないということです。別にかっこ良くもないしそんないい事ばかりではないです。でも、それに見合うだけの価値は絶対にあります。

私は今や新しく身につけた「ワーホリ中に生かせる」スキルで、途中からはずっとローカル環境の職場で働いていますが、最初は大変でした。今回はその英語 X 仕事について、私の経験と考えをシェアします!

スポンサーリンク



英語ネイティブと仕事するという現実

仕事の場では人と人とのコミュニケーションがなにより大事。英語の書き・読みを主に使う職種もありますが、上司や仲間との意思疎通には聞き・話しのスキルを主に使うことになります。

聞き・話しはいわずもがな私達一般的な日本人が苦手とする分野で、かくいう私もその一人です。でも英語ネイティブと働くことになれば、この聞き・話しのスキルをフルに使うことになります。

ネイティブは、教科書にある例文などを永遠に使わず話すと言っても大袈裟ではありません。国によって独特のスラングやアクセントがある上、音を落としたり、または違う音で発音したり、例をあげればキリがありません。

そして言語は文化を語ります。その国の文化背景を理解していないと、ちゃんとした文法の英語を話していても、ニュアンスの違いなどですれ違いになってしまうこともあります。そして私達と同じく第二言語として英語を使う人も現場、特に裏方では沢山働いています。

コミュニケーションの重要さを痛感

日本で日本人とずっと仕事をしていた後に、いきなりこんな現場に放り込まれると適応するまでに苦労を要します。チームで働くにせよ個々で働くにせよ、上司や仲間とのクリアなコミュニケーションは不可欠だし、責任も発生します。

日本で仕事をしていた時にはそこまで気に留めなかったかもしれない、言葉のコミュニケーションというのものが、第二言語で仕事をしているといかに重要なものかを身をもって体感します。

その反面、事前にその英語環境に自分を慣らしておくといささか楽です。そういう意味でもワーホリは海外就労経験を積む入り口として最高に使えるビザです。若ければ若いほど環境の変化に柔軟に対応していけるからです。

寡黙に仕事する日本人 = ハードワーカー

でも怖気づかないで下さい。英語がそこまで完璧ではなくても、日本人は日本人であること自体売りになります。何故なら日本人ほど自然と几帳面で真面目な気質は、どこの国の人を探してもいないからです。

日本人基準での「普通に仕事をする」が海を越えれば「真面目に仕事をする」になり、大抵どこで働いても「あの日本人は真面目(ハードワーカー)だ!」と言われます。いくつかの点を挙げてみると…

  • 遅刻しない
  • 言われたことはきちんとこなす
  • 挨拶をきちんとする
  • 期限を守る

日本で仕事していたらどれも常識ですよね。

でもネイティブ達の仕事に対する姿勢はもっとリラックスしています。

カフェなどで店員同士で平気でお喋りしていたり、お客さんとも世間話に花を咲かせていたり、焦る様子もなく遅刻してきたり(これはいただけないけど…)。てきぱきと働く日本人は、その仕事に対する自然と真面目な態度を買われる事が多いです。

そんな環境の違いの中、私が心がけていることは以下の3つです。

1・完璧主義を捨てること

私も割とそうなのですが、日本人は仕事にこだわりや情熱を持った人、完璧主義な人が多いです。

会社への貢献や自己発展を考えると素晴らしいことなのですが、海外で働いていて、その国の言葉もしくは英語でのコミュニケーション力がまだ不十分なままだと、これは落とし穴にもなりかねます。

何故なら、仕事内容の不満や改善の提案を訴えようにも、言葉がうまく通じないとフラストレーションになり、自尊心が傷つく可能性があるからです。

これを改善するには、意思疎通の面でフェアな立場になることです。その為には、流暢に会話が出来るようになるのがベストですが、言語力はそんなすぐにはどうやったって伸びません。

その長期戦の傍らで出来ることと言えば、完璧主義を捨て、寛容な心で仕事に望むよう努力することです。そうでもしないと現場にどんどん苛立ちが募り、でも発言できない・改善できない自分に、自己嫌悪がさしてしまうかもしれません。

2・楽観的でいること

公園でくつろぐカップルと鳩

上記に上げたように、これらの真面目な日本人気質のままでいると、「海外で仕事をする」という、一つの大きな価値が味わえないというもの。

日本人ならではの仕事を提供することも大事ですが、現地なりの仕事のやり方に習ってもう少しリラックスした態度で望んでみても良いのではないでしょうか。仕事によっては大きなプレッシャーのかかるものもあるかもしれませんが、出来る限り楽観的でいたほうが自分に負担をかけません。

「楽観的=責任感がない」裏表一体なのですが、こちらの人は残業をしない、家庭を何より大事にすると言われている所以が、実際に海外で働いていると、その実情から背景まで身を持って感じます。逆に黙々と仕事をしてると、大丈夫?具合悪いの? Are you okay? と心配されたりすることもあります。笑

3・一人で抱え込まないこと

こちらでは誰かが欠ければ、その分を他の皆で補い合います。とても自然なことで、皆で責任を分担する文化があります。自分がミスをした、病気になった、意思疎通が上手くいかなかったせいで100%実力を出し切れなかったなど、自己険悪になる必要は一切ないのです。

特に英語圏は多国籍文化が多く、そこの人々は英語が流暢でない人に対してかなり寛容です。あまりに専門的でない仕事であれば、ある程度の意思疎通ができればたいてい回せてしまいます。そんな状況でも国は成り立っているんです。

ので、皆そこまで個々に責任感を感じていないような空気があるのは、国の成り立ちによる部分があるからかなー、と私は思ってます。

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top