【海外自炊生活】簡単・おいしいレシピとおすすめ食材・調味料をご紹介

【海外自炊生活】簡単・おいしいレシピとおすすめ食材・調味料をご紹介

こんにちは、Akaneです。

海外のどこで何をしながら暮らしていようと、私は基本自炊を徹底しています。日々の節約に繋がるだけでなく、口にするものの食材を知ることで自己栄養管理になるし、何よりスーパーや市場で現地ならではの食材を品定めするのは、海外生活において日常的な楽しみのひとつです。

誰にとっても、旅道中の食事は身近な文化体験のひとつですよね。でもちょっと時間に余裕があるときには、自分で料理すれば現地ならではの食材を試せるし、それによって新しいレシピのアイデアが産まれたりと様々な相乗効果があり、旅をより彩るスパイスとなります!

 

今回はリクエストもあったので、私が海外生活中によく作るレシピ、海外自炊でオススメの調味料・食材をいくつかご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

海外自炊生活中の料理の基本

私にとってのポイントは「簡単・美味しい・手早く作れる」ものであること。

料理は好きですが特にこだわりがあるわけでもなく、基本は食べれればいい(笑)ので、よく作る料理はたいてい上記3拍子が揃ったものです。

 

一度にたくさん作って、冷凍もしくは2〜3日間に渡って食べるのが基本です。

あと、移動が多いと調味料をたくさん持ち運べないので、出来るだけシンプルなレシピで作ることもポイント!

オススメの調味料

現地で買うべき調味料

  • 塩コショウ
  • キューブストック(チキンorベジ)
  • カレーパウダー
  • 油(オリーブオイルがおすすめ)

 

到着後にまずこれらを購入しておくと、味付けが一辺倒にならず、料理にバリエーションをもたせることができます。

 

塩コショウミル状のものを購入すると、いつでも風味の良い挽きたてが味わえるのでオススメ。

キューブストックは日本でいうコンソメです。スープやパスタ、煮物など色々な料理の味付けに使えます。国によってはチキンだけでなくビーフ、ポーク、ベジタリアン用の野菜やマッシュルームなど色々あるので、複数試してみるのもよいかも。

 

カレーパウダーはみんな大好き、カレー風味の味付けにしたい時に。炒め物、ピラフ、またはカレールーの代わりとしても使えます。

S&B ナチュラルピュアカレーパウダー 30g
エスビー食品
売り上げランキング: 13,309

 

はキャノーラ油とオリーブオイル2つあると便利ですが、1つに絞る場合、私は現地で安価で手に入る食材=よく作るレシピに合わせ、アジア圏→キャノーラ油、欧米圏→オリーブオイルを購入します。

できれば日本から持っていきたいもの

海外で作る和食のお味はより染みるもの
味噌汁、ご飯、和風の煮物とツナサラダ
  • 和風だし(顆粒)
  • ひじき、わかめなど乾燥物

 

和風だしは長持ちさせるために5〜8gなどの小分けになった顆粒ものを、滞在期間にあわせて持ち込むと良いです。

味の素 ほんだし 小袋 40袋入
味の素
売り上げランキング: 9,265

 

乾燥ひじきは軽くて持ち運びが楽な上に栄養豊富、サラダや煮物などアイデア次第で色々使える万能食材です。

中野和一郎商店 対馬産 芽ひじき 20g
中野和一郎商店
売り上げランキング: 10,064

 

乾燥わかめも同じく軽量な上に、スープやサラダ、時間がない時のインスタントヌードルにもちょっとした色を添えられるので、あると重宝します。

リケン ふえるわかめちゃん三陸お徳用 28g
理研ビタミン (2016-08-01)
売り上げランキング: 1,449

 

ちょっとこだわりたい時に買うもの

  • ハーブ、スパイス類
  • 醤油
  • はちみつ

 

スイーツによく合うシナモンや、ピリ辛スパイスの定番チリパウダーなどのスパイス類があると、通常の味付けにちょっと+@の風味を加えられます。日本で小さな小分け袋に入れて、必要なぶんだけ持ち込むのも手です。

 

醤油は和食だけでなく様々な料理に使えるので出来れば欲しいところですが、液体なので持ち運ばないほうが無難です。私はいつも現地到着後に滞在期間に合わせた容量のボトルを購入してます。

キッコーマン食品 特選丸大豆しょうゆ 1L
キッコーマン
売り上げランキング: 460

 

はちみつはパンに塗ったり紅茶に入れる以外に、砂糖の代わりとして使えます。手に入ればメープルシロップでも可(料理にはメープルシロップのほうが万能です)。

サクラ印 純粋はちみつポリ容器 500g
加藤美蜂園本舗 (2010-05-01)
売り上げランキング: 3,275

 

風邪を引いたときは輪切りのレモン+生姜にはちみつをかけてお湯で割れば、即効性のあるレモン・ハニー・ジンジャードリンクのできあがり!

寒い冬はレモン・ハニー・ジンジャーで乗り切るのは私流

グラスジャーに全部の材料を浸して冷蔵庫に保存しておけば、保存がきく上飲みたい時にスグ飲めて便利!寒い冬の間は風邪をひいてなくとも重宝するドリンクです。

 

※レモン・ハニー・ジンジャーについては下記記事参照

オススメの保存食材

  • 乾燥豆
  • トマト缶
  • ツナ缶
  • クスクス

 

これらはどれも安値で手に入りやすく、保存がきき、軽くて持ち運びが楽です。

 

ツナはポテトサラダに混ぜたり、マヨネーズと和えてサンドイッチに挟んだり、オイル缶をパスタ・具と炒めたりと色々な使い道があります。

 

トマト缶パスタ系・肉系との相性が抜群

 

乾燥豆は缶詰状のものよりコスパ・保存・軽さにおいて優れています。使用する前日から水に浸して戻す必要があるので、計画的に使用してくださいね。

 

野菜のトマト煮込みのクスクス和え
野菜のトマト煮込みクスクス添え

クスクスは手に入らない地域もありますが、お湯で10分ふかせば食べられる一番お手軽なパスタです。こちらもサラダに、炒め物の添え物にと、色々使えますよ!

ユウキ食品 クスクス 500g
ユウキ食品
売り上げランキング: 4,527

 

定番料理

リゾット

簡単でおいしいリゾットは何かと重宝するレシピ
ウインナーとキノコのバター醤油リゾット

海外で米が恋しくなったらリゾットを炊け!とは海外生活者の常識です(未確認)。

基本の作り方さえ覚えれば手間暇かけずに作れちゃいます。具材は玉ねぎ、肉類をベースに冷蔵庫にあるもので適度にアレンジしてOK。私のおすすめはキノコ類。

 

<作り方>

  1. 食材を食べやすい大きさに切る
  2. 鍋に油をひき、食材を炒める
  3. 米(望ましくはリゾット米)を入れ、軽く炒める
  4. 具が浸るくらいの水+キューブストック、もしくはトマト缶と同量の水を加える
  5. 強火で煮込み、煮立ったら中火〜弱火で米がやわらかくなるまで20〜30分炊く
  6. お好みで塩・コショウ、粉チーズをふる
    ※途中で水分がなくなったら適度さし水をしてください

ペペロンチーノ

トマトとキノコのペペロンチーノ
トマトとキノコのペペロンチーノ

私は野菜が好きなのでキノコやほうれん草などの具材を投入しますが、最低にんにく・ベーコン・スパゲッティさえあればおいしいペペロンチーノが作れます。

私のこだわりは最後にちびっとだけ醤油を入れること。これだけで味にコクが出ますよ!

 

<作り方>

  1. ニンニク・玉ねぎをみじん切りにし、他の食材は食べやすい大きさに切る
  2. スパゲッティを茹で始める
  3. フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りにしたニンニク(あれば輪切りの唐辛子も)を炒めて香りをだし、他の食材を炒める
  4. スパゲッティの茹で汁を少し加え、乳化させる
  5. 1分短めに茹でたスパゲッティを加え、炒め合わせる
  6. 仕上がりに醤油を少したらし、お好みで塩・コショウ、もしくはチリパウダーをふる

ミネストローネ

 

冷蔵庫の食材を一層したい時の定番。基本は具材を細かく切って、炒めて、煮るだけ。

あまったミネストローネはサンドイッチのサイドメニューに
ミネストローネとハムトマトサンドイッチ

具材は玉ねぎ、パプリカ、じゃがいも、かぼちゃ、ブロッコリーなどが良くあいます。肉類はベーコン、ソーセージなどのかわりにひよこ豆やキドニービーンズを入れると、ベジタリアン向けに。バゲットなどのパン類とどうぞ!

 

<作り方>

  1. 食材を細かく、食べやすい大きさに切る
  2. 鍋にオリーブオイルをひき、食材をいためる
  3. 豆類がある場合は豆類を加え、トマト缶と同量の水+キューブストックを加える
  4. 強火で煮込み、煮立ったら中火〜弱火で20分〜25分煮る
  5. お好みで塩・コショウ、粉チーズをふる

スポンサーリンク

エスニック編

生春巻き

 

近場にアジアンショップを見つけたらまずライスペーパーを買います。ベトナムの生春巻きは火を通ず、素材そのままの味をいただくヘルシー料理の代表格。

具材はコリアンダー、もやし、細めのライスヌードルを筆頭に、アボカド、スモークサーモン、豆腐、エビなどお好みで。

ユウキ ライスペーパー(生春巻の皮) 200g
ユウキ食品
売り上げランキング: 4,236

 

ライスペーパーをぬるま湯で戻したあと、手早く具材を巻くのがコツです。通常は上の投稿にも写っているベトナムのソース(ヌクマム)に漬けて食べますが、醤油マヨなどあるもので適度にアレンジしてOK。

ちなみにライスペーパーは翌日になると固くなってしまうので、作りおきには向いていません。(ラップでくるめば1日は持ちます!)

 

<作り方>

  1. 具材を細長く、巻きやすい大きさに切る(手巻き寿司の容量)
  2. ライスペーパーをぬるま湯に2〜3秒浸し、平らな場所に広げる
  3. 具材を中心に乗せ、下から巻きはじめ、ライスペーパーの中心部分に来たら左右を折り、そのまま上に巻き上げる
  4. お好みのソースに漬けていただく

 

10分で本格ベトナムごはん
ニョン.フェン・ガップ
講談社
売り上げランキング: 313,321

和風パスタ

私のイチオシ、和風スパゲッティ
かいわれ大根とおろしがけ和風スパゲッティ

パスタに具材を盛り付けて和風ドレッシングをかければ、超簡単な和食に早変わり!

 

オススメの具材はツナ、豆腐、かいわれ大根、大根のすりおろしなど。和風ドレッシングの代わりに醤油+わさび+オリーブオイルを和えたドレッシングをかけてもおいしいです。

リケン リケンのノンオイル 和風 190ml
理研ビタミン
売り上げランキング: 107,594

 

もしくはソース付きの納豆が手に入れば、それをそのままかけて食べるのも乙なもの。仕上げに乾燥のり、かつおぶしなんかをふりかけるともう最高です。

 

<作り方>

  1. スパゲッティを茹でる
  2. 具材を食べやすい大きさに切る
  3. スパゲッティの水気を切り、少し油をたらしてあえる(パスタが引っ付くのを防ぐ)
  4. スパゲッティを皿に盛り、具材をトッピングし、ドレッシングをかける

 

四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 143,805

ココナッツカレー

ココナッツミルク缶を見つけたら、タイ風ココナッツカレーの出番です。

辛さと甘さが同居したルウはまろやかでおいしい!今や日本のこってりカレーよりこちらのほうが好き。ココナッツミルクのかわりにココナッツクリームを使うとより濃厚な味になります。

 

具材はナスやパプリカ、鶏肉でタイ風にしてもいいし、ひよこ豆や牛・豚ミンチ、トマト缶でドライカレー風にアレンジしても美味しいです。しょうがとニンニクを加えて風味を立たせるのがよりおいしく食べるコツ。

(このレシピは試行錯誤中なので、もっと良い案があれば教えていただきたいです)

 

<作り方>

  1. 米(ジャスミンライスが望ましい)を炊く
  2. 具材を食べやすい大きさに切る
  3. 鍋にオリーブオイルとココナッツミルク半量、しょうが、ニンニクを入れて煮立たせ、肉類を炒める
  4. 他の具材、カレーパウダーなどのスパイス類、砂糖少量を入れて炒める
  5. 豆類がある場合は豆類を加え、残りのココナッツミルク、トマト缶(あれば)を加える
  6. 強火で煮込み、煮立ったら中火〜弱火で15分〜20分煮る
  7. 醤油、塩コショウで味を調節する

 

世界一やさしいスパイスカレー教室 -スパイスカレーのしくみがよくわかる-
東京カリ~番長
マイナビ出版 (2016-06-22)
売り上げランキング: 1,795

朝ごはん

オートミールのフルーツトッピング

お湯と牛乳で戻したオーツにフルーツをトッピングしていただきます

お湯または牛乳で蒸かすだけで食べられるオートミールは、安価・簡単・栄養豊富・他の朝食に適した具材と相性が良い、万能の朝食です。

バナナやりんごなどの果物、ヨーグルト、ナッツやカカオなど、その時の気分でトッピングを変えて食べるのが私流です。毎日の朝ごはんが待ち遠しくなりますよ〜!

クエーカー レギュラー 336g
豊産業
売り上げランキング: 1,707

 

朝に時間が無いときは、前日の夜にボウルや密封のグラスジャーにオーツと塩ひとつまみ、牛乳、ヨーグルト、お好みではちみつや冷凍ベリーなどを入れて混ぜ、一晩寝かせておけば、翌朝に冷蔵庫からすぐに取り出して食べれる一夜漬けオーツの完成です。

 

ネットでレシピを見つけて以来、夏はほぼ毎日これです。ハマる味なので、ぜひお試しを!

昼ごはん

サンドイッチ

 

気分でバゲットサンドにしたり、ラップサンドにしたり。タッパに入れて外出先に持っていけるのもミソ。チップスやバナナなどの+@をサイドに添えると満腹感UP。

 

ツナマヨと野菜のラップサンド
ツナマヨと野菜のラップサンド

具材はゆで卵、トマト、きゅうり、アボカド、紫玉ねぎ、ハム、ツナ、チーズなどの中から、2〜3つ相性が良いものをチョイスして適当に挟んで食べます。具材にバリエーションを持たせておくと毎日食べても飽きません。

チーズを挟む代わりにひよこ豆からできたディップ、ハマスをパンに塗ってもおいしい!

 

スポンサーリンク

サラダ

クスクスサラダ

クスクスは馴染みのない人も多いかもしれませんが、お湯で蒸かすだけで食べられる簡単食材です。これにツナや細かく切ったパプリカ、紫玉ねぎ、きゅうりなどを混ぜ、塩コショウで味付けするだけで十分おいしいです。

蒸かす際のお湯はストックでダシを摂ると、よりくっきりとした味になります。

キヌアとフェタのサラダ

キヌアは地中海風のサラダにアレンジして食べるのがオススメ

キヌアはちょっと割高ですが、サイコロ状に切ったフェタチーズとミニトマト、きゅうり、紫玉ねぎなどの具材と和えてギリシャ風サラダにして食べると、ちょっとした贅沢気分を味わえます。

 

食べる直前に、細かく刻んだナッツをふりかけるのがポイントです。

アリサン キヌア 200g
アリサン
売り上げランキング: 42,982

デザート

アップルクランブル

オーストラリアでWWOOF中に教えてもらったアップルクランブルのレシピ

お菓子作りは普段しないのですが、オーストラリアで教わって一時期ハマったのがアップルクランブル!大量のりんごがあるときはこれで一気に、かつ美味しく処理できちゃいますよ。

オーブンから出てきたばかりのアツアツのクランブルに、ヨーグルト、カスタード、またはアイスクリームなどをたっぷり乗せて食べるとま〜最高です。カロリー面はちょっとグレーですが、ちょっとしたパーティなどに作って持っていくとかなり喜ばれます。

 

<作り方>

  1. オーブンを160℃〜180℃に予熱する
  2. たっぷりのりんご(グラニースミス=青りんごがオススメ)をクシ型に切る
  3. フライパンにりんご、レモン汁、シナモン、砂糖を入れ、中火でりんごがしんなりするまで炒め煮る
  4. 大きめのボウルにバター、オーツ(ミューズリでも可)、小麦粉、砂糖を入れて手で練り合わせ、クランブルを作る
  5. 耐熱皿にりんごを並べてクランブルで覆い、予熱したオーブンで20〜25分焼く

まとめ

私は日本にいた頃は肉・魚を沢山食べていましたが、海外生活を始めてからは野菜や穀物類などをより多く摂るようになりました。

ロンドンでの節約生活、ワーホリ初期の貧乏生活、シェアハウスのキッチン使用時間問題、WWOOF中の有機農業生活など色々な経験を通して、自分の好んで食べる食材やレシピに自然と変化が現れてきた結果です(え、聞こえがあまり健康的でない?)。

 

そのため、上記レシピはちょっと偏りがあるかもしれませんが、どれも海外で簡単に作れるものばかりなので、ぜひお試しください!

 

関連記事:


 


 

この記事が参考になったり面白いと思ったら、よければ下記SNSボタンよりシェアしてください!

FacebookTwitterInstagramYouTubeにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。

ブログのご感想や記事内容のリクエストなどがあれば、上記SNSで声をかけて頂くか、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top