【ビザラン】クアラルンプールでのタイ観光ビザ申請・取得方法 | 2018年2月版

【タイ観光ビザ】クアラルンプールでの申請・取得方法 | 2018年2月版

こんにちは、Akaneです。

つい先日までの4日間、マレーシアのクアラルンプールに行ってきました!目的はタイ観光ビザの申請・取得です(私は一度日本で取得しているので、厳密には再取得)。申請にあたって必要な書類などの最新情報をネットで事前収集し、すべて万全の状態にして臨んだ甲斐あって、特に問題なくビザを取得できました。

私のようにタイを一度出国して再入国し、さらに長く滞在する方法をビザランと呼びます。この方法を駆使して、たくさんの外国人がタイで長期滞在しているのは有名な話。※詳細後述

 

今回は現在(2018年2月)のクアラルンプールでのタイ観光ビザ概要と、申請から取得までの過程をまとめてご紹介します!

スポンサーリンク



ビザランにクアラルンプールを選んだ理由

東南アジアの経済発展の象徴とも言えるクアラルンプール

ビザランで人気の国は隣国のラオスですが、私はあえてマレーシアのクアラルンプールを選びました。理由は下記。

チェンマイからエアアジアの直行便がある

タイからの出入国の手段として、

  • タイの滞在地によっては時間がかかるけど安く済む陸路
  • お金はかかるけど時間の節約になる空路

がありますが、時は金なりということで今回は空路を選ぶことにしました。

 

調べたところ、現在地のチェンマイから最安の渡航先がクアラルンプールで、しかもチェンマイからエアアジアの直行便があり、飛行時間も3時間ほどだったので即決しました。バンコクからなら1時間半ほどともっとお手軽です!

ビザ申請料が他国と比べて少し安い

現在、今回私が取得した観光ビザ(シングルエントリー)の最安申請料金はラオスでの1,000THB(約3,500円)です。ちなみに日本で同様のビザを申請すると4,500円かかり、その他の近隣諸国で申請した場合もほぼほぼ同額です。

 

これと比較してマレーシアでの申請料金は150MYR (約4,000円)と、ちょっぴりお得。

大都市なので何かと便利

街の環境については現地に3年住んでいたジャスティンさん(@justin_uono )のセミナーにて、色々と吸収させてもらいました!

 

主に期待していた食事面・交通面においては大満足で、特に交通機関(電車)はあり得ないくらい安い上に、駅構内の案内も分かりやすくて終始快適でした♪

クアラルンプールでのタイ観光ビザ(シングルエントリー)必要書類

  • 申請書
  • パスポート(有効期限6ヶ月以上、1ページ以上空白の査証ページがあるもの)
  • パスポートのコピー1枚(顔写真のあるページ)
  • カラー写真1枚(白または青背景のパスポートサイズ:3.5×4.5cmで、6ヶ月以内に撮影したもの)
  • タイ出入国の交通機関の予約確認書のコピー
    ※個人の車などで陸路入国する場合、車両の登録番号と所有者の身分証明書のコピーが必要
  • ビザ期間中のタイでの滞在先を証明する書類、もしくは賃貸契約書
    ※親族や友人の家に滞在する場合、彼/彼女からの紹介レターと彼/彼女の身分証明書のコピーが必要
  • チェックリスト

+申請料金150MYRを現金で持参して下さい。カードでは払えません!

 

申請用紙のダウンロードはこちら。

Visa application form | Royal Thai Embassy, Kuala Lumpur

必要書類のチェックリストはこちら。

Tourist Visa(TR) Checklist | Royal Thai Embassy, Kuala Lumpur

大使館に用意されている申請書に当日記入してもいいですが、事前に記入して持参すれば当日焦らなくて済むし、しかも早く帰れるしで良いですよ。

ビザの申請と受け取りについて

通常、申請した翌開館日にビザが支給されます。2日間に渡り、2回大使館に出向く必要があります。

 

クアラルンプールの交通システムはモダンで使いやすい

もし金曜日に申請した場合、週末を挟んだ翌週の月曜日(祝日挟めば翌開館日)受け取りになりますのでご注意!

タイ大使館の受付時間

  • 申請受付:月〜日の9時30分〜11時30分
  • ビザ受取:申請日翌日の14時30分〜16時30分

 

大使館がビザの処理を行える人数は、1日につき130人までとしています。聞いていた通り、かなり混みます!開館1時間〜30分くらい前から大使館入り口前には列ができているので、早めに行って並んで待ちましょう。

私も早く行って並んでいたところ、列を無視して入り口近くでたむろしながら開館を待ち、開館と同時に列に割り込むバカな輩も居ましたが、かなりひんしゅくを買っていたのでやらないように…(普通やらないよね)

申請日と受取日の流れ

大使館が開館したらまず外の受付で整理番号券を渡されるので、中に入って座って待ちます。自分の番号が呼ばれたらカウンターにて申請書類を渡して申請代金を支払い、その日は終了です。

この時に受け取った整理番号券は翌日も必要になるので取っておきます。

 

そして翌日、同じように番号を渡されるので自分の番号が呼ばれるまで待ち、何も問題がなければ申請した種類のビザが送付されたパスポートを受け取って終了です!

タイ大使館までの行き方

大使館の最寄り駅は、クアラルンプールの中心駅であるKLCCのお隣、アンパンパーク駅(Ampang Park)です。そこから東に一直線に進み、徒歩約10分です。

 

10分といえども日中に歩くとかなり熱いので、楽したいならタクシーがオススメです。でも聞いた話によると観光客をぼったくる悪質ドライバーもいるらしいので、UberかGrabでの手配をオススメ。

 

Uber

Uber
無料
posted with アプリーチ

Grab - Cars, Bikes & Taxi Booking App

Grab – Cars, Bikes & Taxi Booking App
開発元:CyberStep, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

大使館の向かい側にバス停もありますが、ネットでは詳細なバスルートマップが入手できなかったので、バスを使いたいなら当日人に聞くといいと思います。

まとめ

総括して、タイビザ申請・ビザラン目的での滞在地としてはかなり良いと思います!東南アジア周遊のハブとしても十分に活用できそうだなぁという印象でした。

滞在中に時間があればちょっとした観光や、街中至る所にあるショッピングモールで買い物も楽しんじゃいましょう!そしてインド・中華・マレーとバラエティに富んだ食事を味わうことも忘れずに 🙂

 

 

※ここ数年のうちでこのビザラン行為を(一部不正に)繰り返す外国人が急増していることで、移民局はビザに対する取締を厳しくしているようです。出入国が可能なのは1年で5回までだとか、パスポートに一定数以上使用済みのタイビザがあるとそれ以上は申請できないとか、様々な情報がネット上に飛び交っていますが、疑問や不安があれば移民局に直接問い合わせて見ることをオススメします!

 

関連記事:

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top