疎外感と創作性の因果関係:パースの音楽シーンとコミュ感の裏側

フリマントル・アーツセンターでのコイ・チャイルドのライブ

こんにちは、Akaneです。

私はオンラインラジオを良く聞くのですが、中でもお気に入りは西オーストラリアの州都パースのコミュニティラジオRTR FM

パースのアーティストシーンは密度の高い地域コミュニティから成っていて、RTRは総括的に彼らをバックアップしています。今や大物、テーム・インパラ(Tame Impala)のホームタウンとしても音楽通の間では有名。

 

サーフィンがシドニーでコーヒーがメルボルンなら音楽はパース(少なくとも私の中では)!

このパースのアーティストシーンの濃さについてはあんまり知られていない事実だと思うので、今回はその紹介に加え、私がパース滞在中に感じた疎外感と密接する地域のコミュニティ感・アーティストの創作性の因果関係について、考察してみようと思います。

スポンサーリンク



テーム・インパラとパースの音楽シーン

RTR主催のイベントにて、フェイトのショウ

地理的に他の都市から世界で最も離れている、いささか孤立した都市であるパース。実は数多くの才能あふれるアーティストが活動の拠点としています。

 

その代表格であるテーム・インパラは正確にはパースの港町フリマントル(Fremantle、通称Freo)出身で、今や世界中の音楽フェスでプレイする超有名バンドです。

60年代サイケデリック・ロックをキャッチーなリフと共に現代昇華したような中毒性のある音が特徴。

 

何を隠そう私がパース移住に興味を持った理由の一つはこのバンドの出身地だったから(単純)

 

パースのバンドはこのテーム・インパラのメンバーを中心にフリマントルのレコードレーベル、スピニング・トップ・ミュージック(Spinning Top Music)を介して皆が繋がっているようで、テームのメンバーもあちこち違うバンドでプレイしてます。

元ベーシスト・ニックのバンド、ポンド(Pond)を筆頭に、現行メンバーではキーボード・ジェイのガム(GUM)、ベース・ギターのキャムのザ・グラウル(The Growl)など(彼は現在アメリカでソロ活動中)。

 

それぞれが演奏から歌まで色々とこなすので、いかにテームがプロディジー(奇才)の集合体のようなバンドであるかがわかります。

 

このテーム・ファミリーの一員、私は友達の友達がこのバンドにいて知った、今勢いのあるコイ・チャイルド(Koi Child)は、ヒップホップとジャズの融合という斬新な組み合わせが最高にクール。

 

天才的ギタリスト、ジョン・バトラー(John Butler)もフリマントル出身。フリマントルの空気を反映した明るいレゲエサウンドは週末に聞きたい。

 

女性アーティストも沢山活躍しています。アビー・メイ(Abbe May)フェリシティ・グルーム(Felicity Groom)を筆頭とした中、シューゲイズなギターノイズのみで勝負するフェイト(Feit)は一躍抜きん出た存在です(上の写真のバンド)。

 

私のお気に入りはメイさんことメイ・サラスワティ(Mei Saraswati)。パーカッションなど民族楽器を沢山用いたビートと彼女の神聖な声がここちの良い旋律を産み出します。

 

他にも色々挙げ始めたらキリがないのですが、これらのバンドの殆ど(むしろテーム・ファミリー)にみられる一貫した特徴として、サイケデリックでドリーミー系サウンドが多めであることがいえます。

私的にこれはパースの地理的なものが影響していると思います。考察は下記。

パースのコミュニティラジオRTR FM

RTR FMのウェブサイトから、オンラインラジオが聞けます

これら群雄割拠状態ともいえるのパース産バンドの登竜門(aka親分的)存在なのがRTR FM。ラジオプログラムからイベントまですべて寄与、ボランティアで運営されてます。オンライン・ラジオストリーミングは、サイト右上の「Listen」ボタンから。

 

常にローカルアーティストを全力サポート!体制で、特にお昼のプログラムOut to LunchかFull Frequencyで音楽だけでなくカルチャー全般で今ローカルシーンに何が起こっているのかをチェックできます。

 

その他のプログラムはジャンルに富んでいて、特に一つのジャンルに絞ったプログラムはかなりコアな選曲。(水曜夜にアンビエント、金曜夜にエレクトロビーツ、日曜朝にクラシック(!)、締めは日曜夕方にレゲエ)

 

どうやら1人か2人日本人アーティスト好きなDJがいるみたいで、日本のバンドの曲が頻繁にかかる番組があります。

そういうバンドは主に海外を拠点に活動しているケースが多いので、このように海外ラジオ局で日本のアーティストを発掘なんていう逆輸入的なことも時々起こります。

パースの適度な疎外感 = コミュ感

Sunday stroll #southterrace #fremantle #freo #southfreo #southfremantle #perth #wa #streetart #wallpaint #urbanart #street

Akane (茜)さん(@hivebyaka)がシェアした投稿 –

どこでも都市部から地域へ足を向けるとその地域特有の人々の結びつき=コミュニティがありますが、このパースの地理的な疎外感は地域コミュニティの密度を強めていると思います。それはアーティスト達のコミュニティにおいても同じ。

 

ミュージシャンだけでなくペインターやスカルプチャーなど様々なモノづくりを楽しむアーティストが多く存在し、特にフリマントルはそんなアーティスト達の庭的存在。

 

その小さなサバーブ内にギャラリー、アートセンター、カフェ、ライブヴェニューなどアーティスト達が自己表現しコミュニティを起こせる場所が豊富にあります。

 

まさに人も歩けば知り合いに当たる、そんな状態なんですね。

疎外感と密接した音楽・アート

私が初めてパースを訪れた時、テーム・インパラのサイケでドリーミーな音世界をそのまま具現化したような場所だなぁと感じました。

オーストラリアの他の都市に較べて人口密度が低く街の中心部も小さく、そこから少し歩けばただっ広い土地が続いています。

 

街を横断して流れる美しいスワン川沿いに海側へと下っていくと、その先に広がるのは太平洋でも大西洋でもないインド洋。

 

コテスロー・ビーチから、壮大なインド洋を望む

 

これ言葉で説明できるようなものではない感覚的なものなんですが、他との繋がりを絶たれたような心地がするというとしっくりくるでしょうか。インド洋が持つものは大陸東海岸から望む太平洋とは特別と違ったものがあります。

 

この不思議な孤立感が地元の人々の結束感を強め、それが創作のインスピレーションへと直接結び付いているような印象を私は受けました。外からのノイズがあまり届かない分、独特の色を帯びたクリエイティブシーンが展開されているのです。

 

実際にフリマントルを訪れてみると、その空気感がなんとなくわかっていただけるような気がします。

そんな私もこの独特の疎外感とアートな空気に心地よさを感じていた、自他共に認めるフリマントル好き。このボヘミアンタウンの魅力ついては、また後々別記事で!

小さく密に展開するコミュニティ

オーストラリアでは土地から得るインスピレーションやパワーが大きいなと感じたものですが、パースには特に当てはまります。

そしてパースは他のオーストラリアの都市と較べて娯楽がない、つまらないという話を良く耳にしますが、そんなことないです。数で言えば少ないかもしれませんが、反面その密度は濃ゆ〜いものとなっています。

 

自分で何かにおいてローカルで活動したければ、他の都市と較べて小さい地域コミュニティに深く根ざしていけるチャンスは十分にあると思います。要はどう入り込んでいくか、です。

 

私も1人現地でアーティストの友達が出来てから、一気にローカルのコミュニティシーンを見ることができましたから。

 

パースで生活したことがある方は、私のパースの持つ疎外感についての考察やコミュニティの見方についてどう思いますか?よければご意見を聞かせてください。

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top