現役バリスタが選ぶ、ウェリントンCBDのおすすめカフェ3選!

ウェリントンCBD内には、隠れ家的カフェが沢山存在します

こんにちは、Akaneです。

私の現在住むニュージーランドの小さな首都ウェリントンは、カフェの多さからコーヒーキャピトルとも呼ばれています。ただ数が多すぎて飽和状態のようなフシもありますし、どこのカフェに行っても毎回おいしいコーヒーが飲めるとは残念ながら限りません。

そこで今回は自身バリスタである私の独断と偏見(?)に基づき、ここに行けば絶対美味しいコーヒーが飲める!と保障できる、ウェリントンのオススメカフェを、 世界的に有名なニュージーのコーヒー文化と併せてご紹介します。

続きを読む →

自ら行動し海外へ移住することで得られる3つの大きなメリット

人生は、自分らしく生きるもの

こんにちは、このブログを初めてから脳みそが活性化し、寝る時も常にハイパー状態で寝付けない事が増えたけど、楽しいからあまり気にしていないAkaneです。

私の海外生活は合計で5年以上になりますが、その前の日本にいた頃の自分と今の自分を比べてみると、自分でもマジで別人なんじゃないかと思うくらい、内側の部分が劇的に変化したと感じています。

私は様々な理由はあれ、自分の意志で海外に生活拠点を移したのですが、この決断は人生で最も正しいものだったという強い確信があります。この先どうなろうとも、一生後悔することはまずないです!

続きを読む →

【おすすめコメディ】ダウンアンダー編:文化背景とユーモアを学ぶ

ジャメインとブレット。DIYに溢れた作風が魅力

こんにちは、基本はいつでもけらけら笑っていたいAkaneです。

私は日本にいる頃からお笑い好きです。特に20代前後を大阪で過ごしたので、日常的に笑いを会話に持ってこようとする習慣があるかもしれません。ので、日常英会話を学ぶのに海外ドラマが良く取り上げられる反面、私は海外コメディをよく見てました。笑いが入る分敷居が高く感じるかもしれませんが、コメディは英会話において特に重要なユーモアのセンスを学ぶのに最適な教材といえます!

今回はダウンアンダー:オーストラリアとニュージーランドのおすすめコメディを紹介します。

続きを読む →

【海外就職活動必勝法・4】カバーレターの書き方

カバーレターを書き疲れたら、脳みそのエクササイズを忘れずに

こんにちは、最近チェスの純粋なアナログ的楽しさに目覚めたAkaneです。

仕事に応募する際海外にあって日本にないもの、それがカバーレター(Cover Letter)です。何それ?と疑問に思う方は多いと思いますが、海外で就職活動をする際に必須となるものです。

これにもレジュメと同様、書き方に一定のルールが存在します。

続きを読む →

【ウェリントン】小さなニュージーランドの首都が持つ、5つの魅力

マウント・ヴィクトリアからウェリントン市を見下ろす

こんにちは、晴れたり曇ったりな天気に振り回されがちのAkaneです。

これを書いている現在私はニュージーランドの小さな首都、ウェリントンで生活しています。ニュージーランドの都市といえばオークランドという印象を持つ方が殆どで、一般的な知名度としてウェリントンはまだまだ低い気がするのですが、世界中の都市の生活の質ランキングで上位に上がるほど、実はとても住みやすい素敵な街です。

そんなウェリントンで生活していて私が魅力に感じている部分を5点に集約し、写真と共にご紹介します!

続きを読む →

back to top