【海外就職活動必勝法・1】求人の探し方

新聞広告のチェックは入念に

こんにちは、今までに送ったCVとカバーレターは数知れませんAkaneです。

今回からシリーズで、海外で仕事をするための具体的な方法と実践から得たコツをシェアしていきたいと思います。ワーホリ・留学生で生活費の足しにカジュアルジョブがしたい方から、既にキャリアのあるプロフェッショナルな仕事をゲットしたい方まで、海外の就活市場を知る上で参考にして頂けると思います。

私が実際就職活動をしたのはオーストラリア、ニュージーランド、カナダになりますので、基本的にその3ヶ国での場合となります。

まずは第一歩となる求人広告の見つけ方から解説していきます!

スポンサーリンク



インターネット求人

求人ウェブサイトはどこの国も豊富にあります 場所を問わず応募できる、今や最もメジャーな方法です。国ごとに無数の求人サイトがあり、一定の業種や職種に特化しているサイトも多いです。

クラシファイドサイトを利用

海外では個人が広告を出して様々な取引をするいわゆるクラシファイドサイトでのやり取りが盛んで、これは仕事探しの面においても同じ。フルタイムから単発まで、業種問わず様々な仕事の求人が上がってます。

代表的なものでオーストラリアはGumtree、ニュージーランドはTrade Me、カナダはアメリカ発のCraigslist(リンク先はBC版)とKijijiがあります。

これらのサイトでは基本はエージェンシーを一切通さず、広告主(雇用主)と直接やりとりをすることになるので、迅速なやり取りが可能です。

でもある意味インフォーマルでもあるので、どうやら詐欺も多発しているみたいです。疑わしい内容であればコンタクトを始める前にきちんと信憑性のある内容かどうか、広告主のレビューを見たりGoogleでリサーチしたりなどして、ちゃんとチェックするようにしましょう。

求人サイトを利用

求人のみに特化したサイトでは、オーストラリアとニュージーランドではSeekが最も信憑性があります。

加えてカナダとオーストラリア両政府は、Job Bank CanadaAustralian Jobsearchという求人サイトをそれぞれ提供しています。国を問わずに職種で検索できる総合サイトではindeedjoraが有名です。

どの求人サイトでも自分の希望する職種、地域、給与などいくつかキーワードを用意し、それらで絞り込んで検索して、最もニーズに合った求人広告を見つけましょう。

そしてその検索条件で毎日配信の新着求人メールアラートを設定しておくことをオススメします。気になる求人を見逃すことのないよう、違った組み合わせのキーワードで複数のアラートをかけておくと尚更良いです。

SNSを利用

SNSでの就活も今や常識に

ここ数年でFacebookTwitterなど、SNSの拡散度を利用した求人広告が多く出回ってきています。

先ほど述べた求人サイトのメールアラート設定で触れたキーワードを、今度はハッシュタグ(#)として検索にかけて、無数にあるタイムラインの中から目当ての求人情報のあるポストを上手く拾ってみて下さい。facebookは仕事情報のグループが主に地域単位であるので、特に地元に密着した仕事を探している方に向いてます。

働きたい会社のページをフォローする

特にここで働きたいなぁというお店や会社があれば、是非フォローしておきましょう。新たな人手が必要な時、他の求人サイトに広告を出すより前に、あるいは独占で自社SNSアカウントで求人をかけるところが実は多いです。

自社をフォローしているユーザー=ビジネスを支持しているユーザーなので、そんな中から新しい仲間を見つけたいと思うのは、雇用主側にとって望ましいことですし、私達求職者にとっても同じことがいえ、双方にメリットがあります。

リクルートメントエージェントに登録する

リクルートメントエージェントはいわゆる仕事の凱旋・派遣会社で、一度自分のCVをコーディネーターにレビューしてもらいスタッフとして登録すれば、自分のスキルにマッチした求人が上がってきた時にコーディネーターが連絡してくれます。

エージェントのウェブサイトには求人情報が沢山あるので、そこに直接応募することも可能です。ので、事前のスタッフ登録は必須ではありませんが、登録しておくと殆どのケースで求人が実際のウェブサイトに掲載される前に紹介を受けることができるようです。

業界・業種ごとに特化した専門のエージェントがもしくはリクルーターがいるので、自分のスキルと業種に特化したリクルートメントエージェントを選んで登録しましょう。登録は何社でもOKなので、2〜3社くらい登録して、網を張っておくと良いです。

ここから先は既に仕事を得たい国・地域にいる場合に活用できる求人の探し方をご紹介します。

公共施設の掲示板

公共の掲示板にはビラが沢山

図書館や大学、スーパーマーケットなどには公共の掲示板があり、色々な広告が貼り出されています。主に地域に限定した求人をチェックしたい方向けです。

広告主は個人から団体まで、仕事内容は家事のお手伝いからお店の受付など様々。誰でも無料で気軽に利用出来るだけあり、単発や期間限定などのカジュアルな仕事に集中しがちですが、逆に小さな副業を探している場合はチェックすべき場所と言えます。

現地新聞広告

今やインターネットの手軽さとスピード感に抜き去られた感がありますが、紙媒体での求人もまだまだ健在です。毎日発行の新聞にはEmployment oppotunityとかWantedとかという表題で、大体最後の2〜3ページあたりに小さい求人広告がいくつか載っています。

自分の住む地域限定で探したいなら、地方新聞の求人欄は意外と穴場です。今やほぼネットの世界といえど、地方に行けば昔ながらの方法と地域のコミュニティの密度を重視する人もいます。

メジャーな方法は競争率が高い

いかがでしたか?基本は日本と同じようなシステムなので、そこまで難しく構えたり考える必要はありません。

しかしこれらの方法は皆が実践する方法なので、結果として求人の競争率は常に高いです。

そんな中、職種は限定されてきますが、日本じゃあんまり考えられない求人の見つけ方、求職の仕方というものが海外には存在します。カギは、自分から積極的に行動すること。

詳細についてはこちらの記事をどうぞ!

その他の関連記事

この他の海外就職活動Tipsシリーズの記事は、こちらからどうぞ。

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top