【初めての海外生活】渡航先は自分基準で、国よりも都市で選ぶべし

ロンドン時代の私のお供、ロンドン・マップ

こんにちは、Akaneです。

海外生活を始める際、拠点となる渡航先を決める段階で迷う人も多いんじゃないでしょうか?基本は目標遂行の上で有利となる場所を選ぶと思いますが、ここで論理的になるのではなくもっと自分の感情的な要素を優先して決める方が、最終的に楽しく過ごせ、後々プラスになることも多いと思います。

そして国で選ぶというよりも都市で選ぶことを個人的に強くおすすめします。以下解説します!

スポンサーリンク



渡航先選択の基盤を固める

サンフランシスコのブックショップ海外生活を始めるきっかけとして一番多いのは英語の語学勉強ですよね。その際の渡航先としては、主な言語に英語が使われている国に絞られます。

英語圏2大国はアメリカとイギリスで西洋ベースの多国籍文化を体験できます。反面、アジア諸国に興味があればフィリピンという選択肢もあります。国民の殆どが流暢に英語を話し、かつ学費や生活コストを他の留学先に比べ抑えられるとしてここ数年で人気になった英語留学先です。英語圏でワーホリをする場合の短期英語準備期間としてもよく選ばれる国です。

あるいは年齢が許せばワーホリビザで滞在が可能です。自由に旅と仕事が出来るので、英語の勉強というよりも、色々自分のやりたいことをやりながら英語の環境で生活する事に重点を置きたい人向けとなります。

ここでアメリカが選択肢から外れ、代わりにカナダ、オーストラリア、ニュージーランドが有力候補地に加わります。これら英語圏4ヶ国の具体的な違いとタイプ別のおすすめ渡航先については別記事にまとめました。

ここまでは英語環境という渡航先選びの基盤となる部分なので、抜かり無くやっておきましょう。重要なのはこの先です。

初めての海外生活でよくある現実

こうやって事実に基づいてピックアップしていくのは簡単ですし、言ってみたら誰にでもできます。でもそれだけで目的を昇華するために一番適した場所を選んでいることになるのか?現地の生活は充実したものになるのだろうか?ということを考えると、私は少々疑問をいだきます。

何故なら英語を学びにエージェントや周りの人に進められるままの国に行ってみたけど、結局現地での生活が嫌になって帰ってきたという話をよく耳にするからです。

環境や生活習慣など様々な原因が考えられますが、人生で一度しか味わえない「初めての」海外生活がこんな終わり方では心底勿体ない!何においても第一印象が大事だからです。

そうならないためにも、私は事実に基づいた選定は程々に抑えておいて、もっと自分基準、自分の性質、好みを全面に押し出した渡航先の選択を強くおすすめしたいと思います。

自分の事は自分を基準として決める

物価や治安など現地での懸念事項を挙げたらキリがないかもしれませんが、その前に自分という人間の気質や好みを見なおし、それをいくらか優先して考えてみてください。

たとえば、海外で英語を勉強したいとしますね。周りの人はアメリカ留学を勧めてくるけど、大好きな俳優がイギリス人で、その人の話すイギリス英語のアクセントに憧れている。

こういう場合、私ならイギリスで語学留学をするようにアドバイスします。

一番大切なのは自分のモチベーションです。人は何か大きな変化を計画するとき、あれこれ将来のことを心配したり付加要素を懸念したりしますが、そうすると色々複雑になって結局どうしたらいいか分からなくなったりします。それよりもっと軸を今にずらして、単純に今何が好きで自分がどうしたいかで決めていくほうが良いです。

人は常に変わります。海外生活の最初の第一歩の段階では、そこまで複雑に計画したり考えこんだりしなくてもいいと思います。もちろん目的とエゴのさじ加減は大事ですが、迷ったら深く考えずに自分の心がもっともなびく場所に行って、しばらく過ごしてみればいいと思います。そしてその後自分に何かしら変化が起きてきた段階で、この次はどうしていくかをまたその段階の自分基準で考えていけばいいんです。

国よりも都市で選ぶことのススメ

シドニーのオペラハウス

国選びの際にもう一点注目して欲しいのが、国単位というよりも都市単位、もっと突き詰めれば地域(サバーブ)で選ぶと先々愛着が湧きやすいということ。

例えば一般的なイメージとして温暖でアウトドア好きな人向けとされ、常に語学留学先として人気のオーストラリアは、町によって全く違った色を持っています。

一番大きな街シドニー中心部は大都会。学校や仕事の選択肢は常に豊富にあり、これぞオーストラリア!な美しいビーチへもすぐにアクセス可能です。その反面で物価は高く交通渋滞も多く、日本の都市部出身の人にとって日常生活はあまり変わらないところもあります。

シドニーから南へ下ったメルボルンはオーストラリアの文化の中心地と言われ、学生に人気の町。カフェやレストランの質の高さでも有名です。都会と自然が美しく調和した町並みは誰にとっても魅力的なはず。反面お天気は曇りや雨が多く冬にはかなり冷え込みます。オーストラリアは基本暖房施設があまり整っていないので、冬に滞在するにはあまり理想的な場所ではありません。

西オーストラリアの州都パースへ行けば年中通して温暖で、冬も日本やメルボルンほどは冷え込まず年中通して晴れが多いです。人口も他の都市に比べれば断然少なく、人混みを嫌う人には快適ですが、その分公共交通機関はあまり発達しておらず、車がないとなかなか不便な町です。

地域コミュニティの一員になろう

このように、同じ国でも都市によって割と違った特性を持っているものです。できれば国というよりもっとリサーチを重ねて、自分の好みと一番マッチしそうな特性を持った都市を見つけましょう!

そして都市は多数の地域(サバーブ)で成り立っています。この地域によっても雰囲気や特色は変わります。そして自分にとっての海外の第2のホームはその特定の地域にこそ築けやすいものであるというのが私の経験上から言えることです。

それぞれの地域には地域のコミュニティがあり、その繋がりは都市部から離れれば離れるほど密接です。皆が皆知り合い同士だったりする小さな街もあります。そんなコミュニティの一員になれた時こそ、海外の第2のホームを得たと同義であると私は思います。

 

まずは自分のコンパスが向かう先を定めて、後は飛び込んでみることだと思います!そうすれば、すべては後から追いついてくるものです。

 


 

よかったら、下記ボタンよりシェアをお願いします!

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top