旅の前には断捨離を!古きを捨て新しきに向かうべき理由とそのメリット

旅の前には断捨離を!古きを捨て新しきに向かうべき理由とそのメリット

こんにちは、Akaneです。

世間では数年前に流行になったそうですが、私はしばらく日本にいなかったためつい最近になって【断捨離】という言葉を知りました。だん・しゃ・り。その定義を文字通り表現し、強い決別心を象徴するような漢字三文字はその読みも歯切れよく、白か黒か!というような、ちょっと言われたら萎縮してしまいそうな素敵な響きがありますね。(褒めてます)

断捨離をする絶好のタイミングは引っ越しや移住など、身辺整理をせざるを得ないイベントの前です。私は今となってはそのメリットが身に染みて分かるし、誤解されがちなその本当の定義も理解できますが、一般的に実践した人はまだ少ないのではないでしょうか?

 

私は長期の海外生活を通じ、徐々に断捨離を実行していたことになるのですが、これは長い旅に出る前には是非やっていただきたいです。

うまく実行すれば文字通り身も心も晴れやかに、それまでの日常とは全く違う日常をスタートさせることができます!

スポンサーリンク



断捨離とは

まず断捨離の定義について、Wikipediaにはこう書かれています。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、
断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。
として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。

Wikipediaより引用

ただその時の身辺整理で終わる片付けとは異なり、必用なものを見極め、不用品から身を切り離し、物理的・精神的両方の負担を取り払い、先の時間をもっと有意義に過ごすという、もっと人間として健全であるための教え、生活品質改善の根っこの部分を説いているんですね。ここ数年でブームになったミニマリストとも関連付けられます。

 

この言葉を生み出したはやましたひでこさんは数々の関連書籍を発行されています。

新・片づけ術「断捨離」
やました ひでこ
マガジンハウス
売り上げランキング: 13,039

 

モノが減ると心は潤う 簡単「断捨離」生活
やました ひでこ
大和書房
売り上げランキング: 89,794

モノの負担を減らすと、こころの負担も軽くなる

日常をあたりまえのもののように過ごしていると気づかないものですが、心と体は一体という言葉があるように、所持品、周辺環境、強いては人間関係も、引きの目線でみれば自分と一体と定義づけられます。

 

人間関係が複雑になりすぎると修復するのが難しいのと同じように、所有物も溜め込みすぎると一つ一つの必要性を見極めることが難しくなります。

これらが負担となり、整理するにもどこから手を付けたら分からなくなってしまうと、大抵の人は途方に暮れてそのまま放置します。そしてその後、とあるポイントでまた同じ状況に陥るでしょう。

 

全てが複雑になりすぎてしまったら、一旦チャラにしてすっきりと

 

こんなネガティブループを解決する一番手っ取り早い方法は、すべてを一旦リセットしてしまうこと。このコントラスト効果は凄まじいものがあります。

これはそれまでの人生のありとあらゆるネガティブな感情、固執、しがらみすらも断ち切ってしまう力をも秘めているはずです。

旅の前には断捨離したほうがいいワケ

必用最低限なものを見極め、身軽に出発できる

私は海外に発つ前は沢山モノを溜め込む人でしたが、断捨離を繰り返すことにより昔の自分ではありえないほど身軽になりました。

 

自分の生活スタイルに必要最低限なものは何なのかを分析するきっかけになり、今や災害時にも生活上必用最低限のものをバックパック1つに詰めて避難できます。

これは私がバックパックでの旅行をオススメする理由の1つでもあります!

 

生きるために最低限必要になるもの=お金を除けば、人によって生活上の必須品やモノへの価値観は異なるものなので、断捨離ではこれを絶対に捨てるべき!というような一般論が存在しません。

しかし旅に出ることを前提とすれば共通項が出てくるので、自分と似たような人の例を参考にしやすいです。

旅立ちの前に気持ちを切り替えられる

旅立ちは人生の新しい章の幕開けでもあります。でもその前には、その前の章=古い自分が所持していたものを出来るだけ引きずらないほうが、リフレッシュな心の持ちようでスタートできます。

 

新しい旅の前は、清々しい気持ちで出かけたいもの

特に、つまらなかった仕事をやめてずっと行きたかった場所へ移住する!嫌な思い出で溢れた土地を離れて新天地を見つけに放浪の旅に出る!といったポジティブな変化を求めて旅を決意した場合、思考を切り替える大きな助けになります。

旅の後も清々しい気持ちで帰ってこられる

旅には終りがあり、一般的にはそれまでいた場所に戻って来ることになります。旅が楽しければ楽しいほど、元いた場所へは帰りたくなくなるものです。

そんなちょっと憂鬱になる旅の終わりに、その前の(嫌な時期と)同じ場所に帰らないといけないと思うと余計憂鬱になります。

 

旅前の断捨離は、旅の後の自分を気持ちよく迎えるための断捨離でもあるのです!

ネガティブな感情で溢れた場所は過去のものとし、綺麗さっぱりにしてしまいましょう

 

綺麗さっぱりとした空間を背にして旅立てば、また来る日には次なる生活をスタートさせる良き礎となります。

旅の前の断捨離のコツ

データ化出来るものは100%データ化する

最先端のテクノロジーはありとあらゆるものを小型化し、クラウド化しました。この恩恵は断捨離にも十分に発揮できます!旅に出るにあたり、私物の軽量化は必須です。

まず絶対データ化すべきものは以下。

  • 写真やビデオなどの思い出
  • カセット、CD、レコードなどの音源
  • 本や雑誌
  • 家族や友人からの手紙
  • 銀行、免許などの公的書類やデータ

 

特筆して絶対データ化すべきなのは本、書類などの紙媒体です。

重用な書類はEvernoteやDropboxに同期しておけば、出先のスマホから簡単に確認可能。

*パスワード系をクラウドサービスに入れる際は、暗号化するなどセキュリティをかけておきましょう。

 

私は最近Kindleユーザーになりましたが、この革命的なタブレットに遅いながらも感銘を受けました。電子辞書端末の薄さと軽さは、実際のページをめくる時の感覚が失われた代償と思えばまったく安いものです。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック
Amazon (2015-06-30)
売り上げランキング: 194

 

こう書いといて実は私は音楽も含め、実際手で触る感覚を愛するタイプなんですけどね…。そんな私は35mmフィルムカメラを使う感覚だけは譲れず、プリントを諦める代わりに現像物をデータでもらっています。

 

今やカメラ屋さんは大抵どこでもプリントなしの現像のみ、データのみの納品にも対応してくれます

今や1つの拠点に落ち着くこと無く旅を続けるデジタルノマドを普通に見かける時代。旅を続ける間にも世界のテクノロジーはどんどん進化し、それまで必用だったものが不要になる新しい技術をどんどん手にしていけるでしょう。

旅をしながら吟味を重ねていく

断捨離を段階的に分けてやる、例えば一時帰国の度などもアリだと思います。

出発前にはまだ付くか離れるか決断がつかなくても、しばらくして戻って来ると色々なものに対する価値観、その先の予定なども変わるもの。その段階でまた先々必用かどうかの判断をくだせます。

 

それに旅に必用と思って持っていったけど、逆に殆ど使うことがなかった…というものは意外と多くあるものです。そういった品を処分する機会という意味でも、旅に一定の区切りを付けることで一歩進んだ断捨離が可能になります。

旅を重ねることで所有物に対する感覚を磨き、先の予定を睨みながら徐々に厳選していくイメージです!

 

私も幾度となく海外生活→帰国→海外生活を繰り返し、自分が必用なモノを厳選する力はかなりシャープになってきたと実感してます。そんな私のトラベルグッズ考察とオススメについてはこちら!

気持ちよく飛び立とう!

こう書き連ねてみると良いことばかりのように聞こえ、そんな上手い話があるわけないやん、と思う方もいるかもしれません。でも実際良いことしか無いんです!!

 

私はヨガをしますが、断捨離がその行法を応用しているという点には納得です。決して薄っぺらいコンセプトではなく、スピリチュアルな根底があるからこそ、効果を実感できたときの充実感は素晴らしく、かつ持続可能なものであると思います。

ヨガの教えは確実に断捨離に生きている

 

モノを減らすことで、自分自信にも環境改善にも貢献できる。そんな断捨離の醍醐味を味わうに、旅行前は絶好のチャンス!ぜひお試しあれ。

 

新・片づけ術「断捨離」
やました ひでこ
マガジンハウス
売り上げランキング: 13,039

 

モノが減ると心は潤う 簡単「断捨離」生活
やました ひでこ
大和書房
売り上げランキング: 89,794

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top