【ワーホリ国選び】人気の英語圏4ヶ国を差別化・特徴付けてみた

イギリスのロンドン、エンジェル駅の近くにて

こんにちは、Akaneです。

ワーホリ先としてイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの英語圏4ヶ国はずっと安定した人気を誇っていますね。

私はイギリスから始まり今のニュージーに至るまで、これらの4ヶ国すべてワーホリしましたが、同じ英語圏であっても、人々の英語のアクセントはもちろん、天候や周辺の環境・物価によるライフスタイルの違い、滞在中実行しやすいこととそうでないことなど、結構な違いがあります。

今回はこれらの国を特徴・差別化し、特に「ワーホリする」という視点で書き出してみようと思います!

スポンサーリンク



イギリス:刺激的でアートな毎日

ロンドンでは、ヴィンテージマーケットが各所で開かれています

イギリスは、ロンドンに住むのかとそれ以外かによって大きな差が出ると思います。

 

私が住んでいたのはロンドンなのでそこに限ってのお話ですが、アート・カルチャー系に強い関心のある人には迷わず「行け!」と命令形で言ってしまわんがばかりにおすすめ。

街中がアート、コアなお店やギャラリー、イベントで溢れていて、創作意欲を刺激される毎日になります。

 

パブやパーティー文化も盛んでそういう席で知り合いも増えます。沢山のアーティストやモノ作り好きな人が住んでいるので、自身もアーティストであれば一緒にプロジェクトをしたりする機会が豊富にあります。

アートに開けていて、一緒に何かをコラボする仲間がを見つけやすい環境

ネックとなるのは物価の高さと不安定な為替レート。今は1ポンド150円程ですが一時はなんと1ポンド250円だった時もあるとか。

これは学費など多額を事前に支払わないといけない場合大変です。レートの変動パターンをチェックしつつ、余裕を持った金銭計画を立てることが大事ですね。

 

加えて気候は曇りが多く、どんよーりとした日々が続きます。太陽が常に無いと生きていけない!という人には少々辛い環境。

冬は他のヨーロッパの都市に比べたらそこまでは冷え込みませんが、寒いことに変わりはないです。反面、短めの夏はカラッと乾燥してて超快適。野外フェスなどのイベントも盛り沢山です。

夏の日は外でのBBQと、イギリスで人気のお酒、ピムスで乾杯!

イギリス英語は、日本でのアメリカ英語に慣れていると最初はとっつきにくいですが、慣れれば日本人にとって発音し易いと思います。スピーキングには明確なリズムがあるので、それを掴めればリスニングの上達も早いはず。

 

ってこれ、イギリス人を相手にすることにも同じことが言えると思う。最初はツンケンしてるけど一旦打ち解けて友達になれば優しい人が多いという印象があるのですが、実際のところはツンデレが多いのかどうかは謎です。

カナダ:ウィンタースポーツ天国

息を呑むほど美しいターコイズブルーの湖、ガルバルディ湖

アラスカのすぐお隣に位置する広大なカナダは寒い!という印象がありますが実は場所によります。

私はバンクーバーに居ましたが、冬に雪はまったく降らず代わりにずーっと雨が降ってました…(2017年は異常気象で大雪が降ったらしいです)

 

カナダは断然アウトドア・登山派、特にスキーなどのウィンタースポーツが好きな人に最適です。

街にずっといるより積極的に外に出て、そのケタ違いの大自然の素晴らしさを味わうべき!

 

バンクーバー近郊だけでも冬季オリンピックの開かれたウィスラー、船に乗って対岸の小島に渡れば美しい州都ヴィクトリア、お隣のアルバータ州に行くすがらのバンフなど、色々選択肢がありすぎて迷うくらいです。

でも時間をかけられる、そこがワーホリのいいところ!国境近郊のアメリカ都市へも陸路で行けちゃいます。

バンクーバー、ダウンタウンのビル群

他民族主義を公言しているだけあり、都市部は多国籍な人々で構成され、住みやすい生活基盤が整っています。

 

太平洋の玄関バンクーバーは大都会ですが街中には一息つける公園が沢山あり、少し離れればビーチや遊歩道にも簡単にアクセスでき、オンとオフを切り替えられやすい環境。

東部の大都市モントリオールは新旧ミックスされたアートな町並みが魅力で、クリエイティブシーンも熱く年中通して演劇や音楽のイベントが開催されています。

 

西部は移民が多く英語が公用語であり、アメリカ西海岸の余波を受けてかリベラルな気風が強い反面、東部での公用語はフランス語となり、悪く言えばオールドスタイル、良く言えば伝統的なカナダを体験することができます。

モントリオールは基本フランス語が公用語

カナディアンの英語は英語初級者にとって最も聞き取りやすく、学習のベースとするのに最適と聞いたことがあります。カナダ英語は基本アメリカ寄りですが、ちょっとした単語や言い回しがイギリス寄りだったりすることも。

 

カナダ人は一般的に礼儀正しくひかえめで(最低でも他の国に比べると)、でもお喋りにはいつでも気軽に応じてくれるので、日本人と波長が合う気がします。

オーストラリア:広大な大地でロードトリッピン

広大な国土を誇るオーストラリアを一周(ラウンド)しよう

広大な国土を誇るオーストラリアの気候は場所によって違いはあるものの、基本は一年を通して温暖です。

 

そんな気候に惹かれ、世界中からワーホリを利用したバックパッカー(ワーホリメーカーと呼ばれる)が訪れるオーストラリアは、若者が旅しながらの生活を築けるだけの基盤と、それからなる活発なコミュニティがあります。

行く先々で仲間を作りながら、長期のアウトバック生活を体感したい方におすすめ。

 

田舎のファームでオーガニックについて学んだり、野生のカンガルーやコアラを探しに出てみたり、浜辺のホステルに住み込みで働き、仕事後には毎日泳ぐ生活をしてみたり、中古車を買って次から次の目的地へと旅するように生活してみたり…

そして気がつけば、生粋のオージーのごとく毎日裸足で生活しているはず!!

ビーチで貝殻拾いを楽しんでみたり

日本にいてはなかなかできない体験ができる、まさにワーホリの原点であり、ワーホリ条約第一国目であるが所以の魅力を保ち続けています。

 

反面、学校でみっちり勉強したかったりキャリアのある仕事を狙いたければ、シドニーやメルボルンなどの都市に行けば十分に生活できる基盤が整っていますし。人に出会うチャンスも沢山あります。

東海岸の街は人で溢れた忙しい大都会ですが、遠く離れた西オーストラリアの州都パースはまだそれなりにのんびりした空気があります。

大都市シドニーでの夕暮れ

オージーの英語はその生粋のフレンドリーさがイントネーションや言い回しにそのまま反映されています。

実践の英会話を中心に、楽しくノリ優先で学びたい人にはぴったり。

 

最後に特筆すべきところは物価。驚くほど高いです。でも恐れることなかれ。平均給与も高いので、定職を得れればそれなりに生活、目的に合わせて貯金していくこともできます。

ニュージーランド:白く長い雲の元でのんびり生活

都市から1時間も車で走れば、雄大とした自然に出会えます

未だに羊の数が(減り続けてはいるものの)総人口を上回るということからも、そのお国柄、のんびり具合が伺えるニュージーランド。

 

こちらもオーストラリア同様バックパッカー天国で、息を呑むほど素晴らしい大自然がどこにいても身近に感じられるのが一番の魅力。

 

特にその国土の小ささから交通手段や宿泊施設に関しては公共・コネ共にオーストラリア以上に充実しています。

たとえ1人旅であっても滞在先のホステルなどで簡単に仲間を見つけられますし、移動手段に関しても長距離バスだけで国一周出来てしまうので、旅を自分流にアレンジしながら楽しむことが出来ます。

 

天気は地域問わず変わりやすいのでいくつか重ねて着られるものは必須となります。北島と南島、東側か西側かによっても驚くほど違います。

霧で覆われたレイク・ワナカはどこか幻想的

都市部も他の国の大都市に比べれば騒がしくなく、人も少なく、交通手段も整っていて、人混みを嫌う人にとっての快適度は高いです。

娯楽も少ないので、普段ミニマムな生活をしながら休日にはレジャーを楽しみたい人にぴったりです。

 

そして都市部滞在中にはカフェ、レストラン、クラフトビールなど、ニュージーランドのホスピタリティ業界の質の高さを是非味わっておきましょう。

キウィ・ホスピタリティと呼ばれるほどカフェやレストランの質は高いです

あと、ちまたではオーストラリアの弟的な位置づけにされているみたいですが、私は否定しません(笑)

乱暴に言えばオーストラリアの縮小版と言っても過言ではないのですが、これは言い換えればオーストラリアの規模の大きさ、騒がしさが肌に合わなかった人にはしっくり来る規模と言えます。

 

しかし!物価の高さだけはオーストラリアに負けず劣らず健在です。それに加えて、平均給与は低めという残念な環境。

オーストラリアで稼ぎ、ニュージーランドで旅に使う、という人も多いようです。

 

そしてキウィ英語は実は独特の言い回しが多く、他には特定の音を落としたり、スペルにある音と違う音で発音したり、なかなかトリッキーだと思います。その分慣れてしまえばローカルとの距離がぐっと縮まります。

生活するとなると、どこもある程度似通っている

これらの国は多国籍ではありますがどこも西洋文化がベースとなっているので、食文化など似通ったものはあります。

主に気候、物価、周辺環境に大きな違いがあるだけで、普通に生活するにはどこの国も十分すぎる基盤が整っています。

 

あとは自分が魅力な要素や付加価値をこれらの国の中からどう見出すかが、自分に合った国を見つけるポイントです!

情報を元に、そこから自分の気質に合いそうな国、目標達成に向けて有利となる国と、比較したなかから渡航先の国を選ぶ事前作業は大切ですが、前回のポストでも触れたように「ここの国(街)にずっと興味があった、なんとなく行ってみたかった」という直感的な理由があれば、それで決めるのが一番いいような気がします。

ワーホリ・海外留学のSkype相談やってます!

言いたいことは分かった。でもAkaneに直接色々と聞きたいことがある!という方のために、Wanderingbeeオンラインショップにて、私のワーホリ経験を活かしたSkypeでの1対1の相談サービスをやっています。

 

約1時間の枠をご用意していますので、この間どんなことでもばしばし聞いていただいて構いません。ワーホリだけでなく海外英語・専門留学に関するご相談も受け付けています。

 

時間を有効活用するために、ご購入時には備考欄に商品ページに記載されている事項を添えるのをお忘れなく。

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top