【おすすめコメディ】ダウンアンダー編:文化背景とユーモアを学ぶ

ジャメインとブレット。DIYに溢れた作風が魅力

こんにちは、基本はいつでもけらけら笑っていたいAkaneです。

私は日本にいる頃からお笑い好きです。特に20代前後を大阪で過ごしたので、日常的に笑いを会話に持ってこようとする習慣があるかもしれません。ので、日常英会話を学ぶのに海外ドラマが良く取り上げられる反面、私は海外コメディをよく見てました。笑いが入る分敷居が高く感じるかもしれませんが、コメディは英会話において特に重要なユーモアのセンスを学ぶのに最適な教材といえます!

今回はダウンアンダー:オーストラリアとニュージーランドのおすすめコメディを紹介します。

スポンサーリンク



オージー&キウィのコメディ

まず、海外の笑いのユーモアは日本のそれとは随分違います。特にアメリカとイギリスでは全然違うといっても過言ではないです。オーストラリアとニュージーランドはブラックで皮肉の効いたものが主流で、どちらかというとイギリス寄りだと思います。

私はイギリスのコメディが好きなのでそういったユーモアは大歓迎ですが、日本との違いっぷりに笑いのポイントが掴めない人も沢山いると思います。特に文化的背景から来ているネタも沢山あるので、そういう場合特に笑いのポイントが分からないのは当然です。その場合はそれで無理に笑おうとせず、その背景にある文化を調べたり聞いたりして、1つの海外文化として受け入れることが大切です。

文化と言語は切っても切り離せない関係なので、それらとユーモアを一緒に学ぶとより言葉への知識が深まり、一層言語学習が楽しくなります 🙂

それでは私のおすすめコメディ、現地では有名なもの2つをご紹介します!

Summer Heights High(オーストラリア)

サマー・ハイツ・ハイのクリス・リリー
出典:ABC television

オーストラリア国内では有名なコメディアン、クリス・リリーが主役となり、ナルシストな演劇の先生Mr.G、トンガ出身の不良生徒ジョアンナ、私立学校から交換学生としてやってきたリッチな女子高生ジャメイの1人3役(!)をこなす、架空の高校サマー・ハイツ・ハイ・スクールを舞台にしたスクール・モクメンタリー(DocumentaryとMock(偽物)を掛けあわせた単語)。

各キャラクターごとのエピソードは分かれていて、登場する人物も別になります。実際のオーストラリアの学校が抱えているであろう現実問題を、笑いのフィルターを通して提示しています。おそらく日本ではウケないタイプのコメディですが、オーストラリアでは賛否両論が飛びかう大ヒットとなり、知らない人はいないとか。結構際どいネタもありますが、それでもシリアスになりすぎないのは、主役であるリリーのキャラクターによるもの。

彼の演じる3キャラクターでの別人っぷりは凄いです。衣装やメイクだけでなく、話し方やしぐさまでがまるで別人!キャラクターのバックグラウンドごとに完璧に演じ分けていて、かつ偽物臭くないんです。しかし完璧にリアルでもない。

そしてWikipediaによると、リリー以外の出演者は全員素人だそうな。これらのことから、演技であるコメディをいかにリアルなドキュメンタリーとして提示しようとしているかが伺えます。リリーの際立った存在感と超自然体な他の出演者とのギャップが、このコメディをモクメンタリーとして確立たらしめています。

彼はキャラクターごとに話し方をきっちり分けています。Mr.Gはナルシスティックで上流階級風のアクセント、ジョアンナはパシフィック・アイランダーの不良ばったアクセント、ジャメイは今時の若い女子学生のアクセントで話します。現地に住んでいないとあまりピンとこないかもしれませんが、住んでいる身からすると、あぁ〜そうそう、と納得しますよ。


ナルシスト全開のMr.G。


ジョアンナと先生(ミス)の際どいやりとり。


ジャメイの登校初日のスピーチ。英語字幕付き。

スピンオフとしてジョアンナが主役のJonah from Tongaとジャメイが主役のJa’mie: Private School Girlがあります。

Summer Heights High [Import anglais]
売り上げランキング: 413,798

Flight of the Conchords(ニュージーランド)

ジャメインとブレット。DIYに溢れた作風が魅力
出典:wallpapercave.com

ニュージーランド歴代で一番成功したコメディ兼フォークデュオといえばおそらくこれ。バンド活動をしているキウィ(ニュージーランド人のことを、フルーツそのままのキウィといいます)2人組が成功を夢見てニューヨークに渡り、小さなフラットをシェアをしながら細々と生活する日常を描いています。

主役の二人、ブレットとジャメイン(ドラマ中実名で出演)と彼らのマネージャー、マリーはキウィ独特のアクセントかつ早い口調で話すので、リスニングにおいてはレベルが高いですが、正直見てるとそんな事どうでも良く思えてきます。笑 イギリス譲りのドライで皮肉の効いたネタが満載です。

特にこのFOTCは演出感、やり過ぎ感がまったくなく、自然に淡々と進む会話自体が笑えますが、途中でいきなりミュージカル風のノリになったり、登場人物が置かれた状況そのものが笑いを生むので、言葉を完璧に理解できなくても楽しめます。加えて、衣装や演出面において作品全体に貫かれているDIY(Do It Yourself)精神が、主役二人の置かれた状況をさらにリアルに物語り、笑いに拍車をかけます。

主役の二人は実際に劇中のバンドの楽曲を手がけていて、CDも発売しアメリカではツアーも敢行していて毎回大盛況のようです。これがまあ、新しいタイプのブルースというか、主役二人の(楽曲が使われる場面での)心境を歌詞と映像で面白おかしく表していてかなり笑えます。

前置きはこのくらいにして、とりあえず見て下さい。

二人とマリーの会話がこのコメディのキモ。

予算の乏しい彼らは、バンドのミュージックビデオも超DIY。

犬猿の仲?オージーとキウィ。

主役の二人はその後ハリウッドに進出し、出演のみならず音楽プロデューサーとしても活躍し、世界的な成功を手にしています。

  • FOTC0123
    公式YouTubeチャンネル。シーズン1・2の楽曲やテレビ出演の様子を視聴可能

言葉はコミュニケーションの1つの手段でしかない

何を言ってるのかはっきりと分からなくてもその状況を笑うことができれば、きっと海外コメディに向いています。言葉は表現方法の一部でしかなく、出演者の表情やしぐさ、舞台設定や状況などあらゆる部分から状況を察したり、それ自体を笑うことが出来るからです。

良く言われている言語はコミュニケーションの1つのツールに過ぎない、ということを実感できると思います。これは言葉に表情やジェスチャーなど付加要素を加えて自分の意思を表現する事が多い傾向にある英語には特に言えることだと思います。

ちなみにYouTubeに上げられているビデオは、コメント欄に抜粋スクリプトや笑えるポイントをコメントしている人が沢山いるので、見終わった後に読んでみると内容を理解するのに役立ちますよ。

言語は笑いとともに、楽しく学習しましょう!

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします。
FacebookTwitterInstagramにて、活動の最新情報や、旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top