絵画のような海に浸りたいなら。オーストラリアの私的ベストビーチ5選

オーストラリアの私的ベストビーチ3選!

こんにちは、日々が嵐のように過ぎ去るのを感じるAkaneです。

現在、世界の半分は夏の真っ只中ですね!この夏色々遊びに出かける計画をしてる方も多いと思います。でも私の現在住むニュージーランドでは季節が真逆なので、今は冬の真っ只中です。こちらの冬は雨が多く、加えてウェリントンは風も強く、グレーなどんより天気が続きます。

そんな時に恋しくなるのがビーチ!山も好きだけど、私はやっぱり海が好きです。そこで今回は、皆さんの夏遊びのインスピレーションに(+自分を活気づかせるべく)、今まで訪れた中で印象に残ったビーチを5箇所ご紹介しようと思います。今回はオーストラリア編!

スポンサーリンク

オーストラリアのビーチ

広大な国土の中心部は砂漠地帯である反面、人口は海岸沿いに集中しているので、人々にとって海は身近な存在です。

そんなローカルから、ここのビーチは世界でもベストだよ〜なんていう自慢気な話は良く聞くのですが、これには反論の余地が無いです。オーストラリアのビーチはとにかく広い!都会に近かろうが田舎の秘境部だろうが、訪れるものをすっぽり包み込んでくれるワイルドな魅力があります。

そして特筆すべきは、まさに絵画のような海の色とその多様性です。青系色の原色に近い絵の具をそのまま海面にぶっちゃけたような色は、初めて目にした時にはこんな美しい天然の色が自然上に存在するなんて…とひとしきり感動したのを覚えてます。加えて面白いのが天気、雲の量、日や波の高さ、時間帯などによっても、色だけでなく海そのものが随分と違って見えるということ。同じ場所でも訪れる度に違う顔を見せてくれる。そんなオーストラリアの海の魅力に私はすっぽりハマりました。

ディー・ワイ・ビーチ(Dee Why Beach)

地元の人の憩いのビーチ、ディー・ワイ

シドニー中心部近郊のビーチの中では比較的規模の小さめなビーチ。有名なボンディ・ビーチ(Bondi Beach)マンリー・ビーチ(Manry Beach)は観光客が多く常に人で賑わっている反面、ここのビーチは地元の人が多い印象でした。シドニーのビーチは基本中心部より北へ行けば行くほど静かになるので、人の喧騒を避けたい人にはおすすめです。

私はここの地元に住む友達を訪ねに訪れました。それはある晴れた冬の日で、波はとっても穏やかでした。冷たい空気の中日差しは暖かく、海と空はその眩しい色をまだ真夏の日であるかのように保っていて、なんだか不思議な居心地がしました。

冬のピリッと張り詰めた空気と、静かな波

私たちはビーチ南方の脇道からカルカル・ビーチ(Curl Curl Beach)へと南下していく海岸線沿いの道を歩いたのですが、ここはちょっとした穴場です。ゴツゴツした岩場から木々が生い茂るエリアを抜け、崖の直ぐ脇を通ったりもするので、ちょっとしたプチ探検気気分を味わえます。泳ぐには寒い冬でも、ビーチにはまた違った楽しみ方があるもの。でも悪いこと言わないのでビーサンでここを歩くのはやめときましょう。歩きやすい靴を持参してください!

カルカル・ビーチへと続く遊歩道から

途中の岩場で一息つき、友人と夕焼けを眺めながら、オーストラリアでやりたいことや将来のことなどを色々語り合い、カルカル・ビーチで出会ったおっちゃんにディー・ワイまで帰りの途を車で送って行ってもらい、そこで見た夕暮れと海が一体となって描いていた完璧なまでの自然のグラデーションは忘れられません。個人的に想い出深い場所です。 🙂

夕暮れ時の幻想的なディー・ワイ・ビーチ

住所ニューサウスウェールズ州,  ディー・ワイ, 2099
アクセスシドニー中心部からバスで1時間

スポンサーリンク

ロク・アード・ゴージ(Loch Ard Gorge)

フィッシュアイカメラから覗くロク・アード・ゴージ

メルボルンから東、グレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)をずっと走った先にある、ポート・キャンベル国立公園(Port Campbell National Park)に位置する知る人ぞ知る有名な12使徒(Twelve Apostles)からもうちょっと走った先にある静かな入り江です。正直12使徒よりもこっちの方を見て欲しい。写真を見ればお分かり頂ける通り、周囲を絶壁に囲まれた小さい秘境のようなビーチです。

波は穏やかで、海の色は強い色合いの砂の色との対比が目立ち、より鮮明に映ります。入り江に足を踏み入れると同時に、自分の周りの世界が急に小さく縮小したかのような錯覚に陥ります。プライベートのような空間はまるで映画「紅の豚」のポルコのアジトのよう。

訪れる時間ごとに光と影が違った空間を創りだします

しかしその背景には物哀しいストーリーがあります。1878年、イギリスからの移民船ロックアード号が漂着を目前にして、この海域一帯の海流と海風により沖合に押し流され、岩に砕かれ沈没。その際に亡くなった52人の乗組員の墓を近郊に見ることができます。

浸食で出来た奇形岩はなかなかの迫力

12使徒と合わせてのツアーも沢山出ているものと想像しますが、私にとってはメルボルンから車を出してくれた友人がこの名所を知らなければ、行き着くことはなかったであろう場所。持つべきものは親友です。

住所ポート・キャンベル国立公園内, グレート・オーシャン・ロード, ヴィクトリア, 3269
アクセスメルボルンから車で5〜6時間

ノーマン・ビーチ(Norman Beach)

プロムの玄関先にあるノーマン・ビーチ

メルボルンから東側に広がるギップスランドに位置する大陸最南端の国立公園、ウィスソンズ・プロモントリー(Wilsons Promontory National Park, 通称プロム)に訪れたら、誰もが必ず最初に立ち寄ると言ってもいい人気のビーチです。

広大なビーチは開放感抜群!

このビーチはコンビニなどのお店が並ぶ国立公園のハブ、タイダル・リバー(Tidal River)から一番近く、駐車場から橋をまたいで歩いてこれます。とにかく広くてその規模に圧倒されます。私が訪れたのは最高気温35度くらいのあつーい夏の日で、大勢の人で賑わってはいたものの広いのでまったく窮屈には感じませんでした。ビーチ周辺には自然の雄大さを感じさせる巨石群、岩場や木陰も多く、ピクニックもできちゃいます。

巨石がゴロゴロ転がった周辺地域は、国土の大きさを感じさせます

ビーチの西側には遊歩道が設備されているので近郊のビーチへ歩いて移動できます。各ビーチの移動時間が30分かそこらなので、一日で十分ハシゴできます。公園内は多数の野生動物の宝庫なので、歩きすがら出会えるチャンスも存分にあります。

広い国土を誇るこの国立公園、遊歩道やビーチなどくまなく見て回ろうと思うとキャンプを挟んで数日かかります。キャンプ場は大人気でなんでも予約は一年先まで満員、加えて抽選式なんだとか。

川遊びも存分に楽しめます

住所ウィルソンズ・プロモントリー国立公園内, ヴィクトリア, 3960
アクセスメルボルンから車で5〜6時間

ダンズバラ・ビーチ(Dunsborough Beach)

ジオグラフ・ベイの一部、ダンズバラのメインビーチ

西オーストラリアの州都パースから南に下った先、ワイナリーで有名なマーガレット・リバー(Margaret River)の手前にある小さい街、ダンズバラ(Dunsborough)のメインビーチです。近郊の街バッセルトン(Busselton)の桟橋は、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のワンシーンに登場する場所のモデルになったとも囁かれる場所で有名です。

パースで出来た友人の故郷ということで夏の熱い日に遊びに行ったのですが、このビーチは驚くほどの透明度を誇ります。日差しが岩と水面に照り返してキラキラして、まるで文明から遠く離れた秘境地へでも来たようでした。シーズンにはイルカも目撃されるとか。ダンズバラはマーガレット・リバーへの観光ルートの中間地点に位置し、そこまで観光客が集まるスポットではないので結構穴場なんじゃないでしょうか。

圧倒的な透明度を誇る海水。海の底まで見通せます

あと目についたのが岩の形。このビーチだけでなく近郊一帯に言えることですが、高く積み重なり浸食の後が沢山見られて面白いです。岩場をぴょんぴょん渡り歩きながら探検できます。ここから西南に走れば天然温水のインジダップ・ビーチ(Injidup Beach)、その岩の形で有名なシュガーロフ・ロック(Sugarloaf Rock)があります。

小さなダンズバラの街はオーストラリアのビーチ沿いの街の根底にある、ヒッピー的な空気が魅力。パースからは車やコーチバスで3〜4時間くらいと日帰りも可能なので、忙しい毎日や旅のスケジュールから一息付く場所としてぴったりです。

住所ダンズバラ, 西オーストラリア, 6281
アクセスパースから車で3〜4時間

スポンサーリンク

ロットネスト島(Rottnest Island)

絵画のようなコバルトブルーの海が広がるロットネスト島

インド洋の沖合に浮かぶ小さな島、ロットネスト島には数多くのビーチが存在し、どれもたまらなく綺麗なのでひっくるめてオススメです。オーストラリア本島からの玄関口であるフェリーターミナルより北西に位置しています。

もう海の色もここまでくると息を呑むしかありません。宝石箱の中身が散らばったようにきらきらとした真珠の輝きを放つ海と、限りなく白に近いベージュの砂浜。ゆったりと時間が流れているかのような島で、心ゆくまでのーんびりとできます。夏にはシュノーケリングとか最高だと思います!

階段を下れば、雄大な海が目の前に

この島は全土がA級自然保護区に指定されていて、島の約60%が手付かずの自然。島特有の動植物も沢山見られ、おとぎばなしの世界のような景観を保っています。もう写真好きな人には堪らないです。加工とかレタッチとか一切必要のない完璧な写真が撮れます。Picture Perfectってやつです!

そのままで最高に美しい海はレタッチいらず!

島全体は一日で十分見て回れる大きさなので、フェリーのチケットと一緒に予約できる自転車を借りて一周すると気持ち良いです。

住所ロットネスト島, 西オーストラリア, 6161
アクセスパース、フリマントルからフェリーで30分

季節を問わず、色々な楽しみ方がある

いかがでしたか?私はワーホリで2年丸々滞在し色々なところへ行きましたが、中でも私的ベストのものを挙げてみました。

個人的に大きな発見だったのが、ビーチは夏にしか行く価値がない場所ではないんだなということ。季節に関係なく、周辺環境を含め色々な楽しみ方が存在します。

そしてただ海の近くにいるということが、自分にとって絶大な癒やしの効果をもたらすとは知らず、すべてオーストラリアが教えてくれたことです。この癒やし効果については科学的に証明されていることなので、また後々記事に上げたいと思っています。

でもオーストラリア全土はまだ制覇しきれていないので、まだまだ見るべき場所は数えきれないほど存在し、またこのリストを作り変えるべき日が来るのかもしれません。見ても見てもまだまだ見るべき場所がある、これが広大なオーストラリアの魅力でもありますけどね。

特に日本での冬がオーストラリアでは夏にあたるので、季節関係なく海やビーチと身近にいたい!なんて方は是非一度夏のオーストラリアを訪れてみてください。

旅行の際の口コミの検索やホテル予約は世界最大級の旅行情報サイト、TripAdviserでどうぞ。

私のインスタアカウントではオーストラリアだけでなく他の国のビーチの写真も沢山アップしてます。頻繁に更新しているので、スマホからチェックしてみてください!

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top