自ら行動し海外へ移住することで得られる3つの大きなメリット

人生は、自分らしく生きるもの

こんにちは、このブログを初めてから脳みそが活性化し、寝る時も常にハイパー状態で寝付けない事が増えたけど、楽しいからあまり気にしていないAkaneです。

私の海外生活はかれこれ合計で5年ほどになりますが、その前と後では自分でも別人なんじゃないかと思うくらい主に内面の部分が劇的に変化しました。私は日本に定住という選択肢を捨て、自らの意思で海外に移住する道を選び、その決断は人生で最も正しいものだったと確信しています。この先どうなろうと一生後悔することはないでしょう。

今回は、優柔不断になることもある私が胸を張って言えるその具体的な理由とそのメリットについてシェアします!

スポンサーリンク



若さを促進させる

日本にいたら永遠に出会わなかったであろう、価値観を共有できる大切な友達と遊ぶ機会が増えました

まず歳はただの数字と思っているので(ほんと笑)、あんまり歳を参考の数値として上げて語りたくはないのですが、誰かの参考になればと思うので書きますね。

 

私は20代半ばという、若いとはあまりいえない年齢で初めて海外に出ました。それ以降というもの、私の両親にも良く言われることですが、精神的に若返ったと実感しています。

これは未熟な心に逆戻りしたという意味ではなくて、新しいモノにぶつかっていくチャレンジ精神、新しいモノを受け入れる寛容性、新しいモノを知ろうとする好奇心が一回り二回りも大きくなり、結果として日本に居た頃よりも、開かれた心=若い心の持ちようでいれることが出来るようになったということです。

 

これは、その国の言語を勉強することによりさらに効果が加速します。勉強中の言葉を使って何かを知りたい、誰かと交流したい、という思いは、人は行動に導くのですね。

 

変化を起こす前は、不安と期待でいっぱいになります。

そして慣れない海外という新天地に踏み出せば、分からないこと、新しいことだらけの環境に全力で対処しようとするもの。

 

これはアドレナリンを活発にし、結果として自然と人の心の持ちようを若返らせるんだと思います。

出来ることの可能性が広がる

コネを広げれば、可能性も同時に広がる

環境を変えるということは、仕事が変わり、周囲の人が変わり、住む場所が変わり、それが国境を超えると言語が変わり、文化も変わり、気候も変わり…

それまで日本で生きてきた環境から全てが変わります。

 

全てが全く新しいフォーマットで、もしかしたら誰も自分の事を知らない環境の中では、それまでの自分がどれだけ新天地で通用するのかを図る絶好のチャンスであり、今まで頭にはあったけど様々な理由で行動に写せていなかったアイデアを実行に移すチャンスでもあります。

 

何かにかけて一生懸命である人には、周囲に自然と人が集まります。

自分のやりたい事を、勉強中の言葉の練習がてら、時にはジェスチャーも駆使して惜しみなく他の人に伝えるようにしてみましょう。ネットやSNSでも同じように発信しましょう。

繋がりを横へ横へと広げていくことで、可能性も広がっていきます。

 

するとどこからともなく、自分のやりたかったことがやれるきっかけが訪れる場合があります。これは家、仕事、友達など、どんなことにでも言えます。

これまでのポストでもお話してきたとおり、こちらではコネが何にかけても一番働くためです。

 

私の実例でいうと、オーストラリアのワーホリ中にはじめたカフェでのバリスタの仕事がきっかけで、元々海外で経験を積みたかったグラフィックデザイン、イラストのお仕事や、元々趣味だった写真に仕事として携わる事ができました。

 

一見関係ないように思える事柄同士も、ある事をキッカケににふと繋がったりします。点と点を結ぶことで産まれ得るものの可能性の大きさは、無視できないものなのです。

周囲の目を気にせず、やりたいことをやれる

海外の町では自分のやりたいことを貫いて生きる、パフォーマーを多く見かけます

海外では皆それぞれが自分なりの人生を生きています。良くも悪くも他人が何をしていようが誰も気にしない空気があります。Who cares?

 

国によって社会性に違いはあると思いますが、歳や職業、年収、既婚か未婚かなど、社会的なステータスによるプレッシャーは、日本と比べたらどこも少ないです。

この重圧感からの開放は、上記2つのメリットにも繋がります。

 

そして海外では「世間の流行」というものがあまり存在しません。

これは個人を大勢の一塊として捉えるのではなく、個人それぞれの個性を伸ばす教育方針や、多国籍人種な国では一人一人のバックグラウンドを尊重する風習から自然ときているのだと思います。

 

どんな服を好んで着ていようが、何歳で何を始めようが、その人次第!自分に合うライフスタイルを謳歌しやすい環境なのです。

デメリットはきっと人次第

以上が私が海外で生活することにより感じている、おおまかなメリットです。

 

考えてみればデメリットって、そんなに思い浮かびません。強いて言えば利便性でしょうか?

しばらく生活すると、日本ほど便利で全てのものが緻密に計算されて回っている社会はないことに気が付きます。

 

でも、こちらにいると自然と細かいことはあまり気にならなくなってきますし、不便な事にも寛容になってきます(むしろならざるを得ない)。

 

とはいえ人は一人一人価値観が違うもの。海外生活中に沢山の不満やデメリットを感じる人は、おそらく日本が世界に誇るそのサービス精神、利便性、文化など、日本の独自性やスピリチュアルな部分に心地よさを感じるタイプのではないかと思います。

日本のどんな部分に自分は心地よさを感じるのか、その外に出てみて初めて気づく事は多々あります。

まとめ

ロンドン、ブリック・レーン周辺地区では、常に新しい事を始める若者で活気溢れています

いかがでしたか?何か大きな変化を起こす上でメリット・デメリットは必ず派生するもので、その配分は人それぞれの価値観によって大きく変わります。

 

私の経験上海外では精神的(人間関係、ライフスタイル)に多くのメリットがあり、物質的(お金、物)な部分やサービス面的にはデメリットが多いように思います。

でもメリットの占める割合が大きすぎてデメリットにはそこまで気を留めていないというのが正直なところです。

 

海外移住を決めかねている人には、著名なノマドワーカー高城 剛氏の本はどれも移住へのモチベーションを高めてくれるのでおすすめです。

モノを捨てよ世界へ出よう
高城 剛
宝島社
売り上げランキング: 9,401

 

この記事も誰かのインスピレーションとなれば嬉しいです!

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします。
FacebookTwitterInstagramにて、活動の最新情報や、旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top