【海外移住の基礎知識】永住権を取得するまでの一般的な過程と方法

ウェリントン、晴れた日の朝の散歩の風景

こんにちは、この先日本に再定住できる気がしない(本気)Akaneです。

人生にもっと挑戦と自由をもたらしてくれる手段として、海外への移住を考えている方は年々増えているんじゃないでしょうか?その第一歩としてまずやるべきことは、国別のビザの知識、短期〜長期滞在から永住権を取得するまでの過程とその方法を知ることです。

ビザルールは国によって種類の数や取得方法が千差万別なうえ、主に国内の情勢により頻繁に改変されるので、一概して共通ルールというのが存在しないのですが、基本的な枠組みと流れは多くの国で似通っています。

 

というわけで今回は、海外移住を目指す際の第一歩、永住権取得に関する一般的な基礎知識をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

永住権までの過程

カナダ・バンクーバーの活気あふれる歴史的場所、ガスタウン

注:これからご紹介するのは一般的な方法論となり、どの国でもこの方法論が当てはまるとは限りません。国別のビザ取得詳細条件については、その道のプロにお問い合わせください!

 

海外移住には短期から長期の移住がありますが、自分が一つの国に住みたいだけ住めるようになるには永住権を取得する必要があります。

殆どの場合は他の短期滞在ビザからの切り替えを一定期間続けたのちに、永住権を申請できるようになります。例えば、学生ビザ→卒業生ビザ→就労ビザ→永住権というような流れですね。

 

その過程の例を幾つかご紹介します!

1. ワーホリビザ → 就労・パートナービザ → 永住権

基本の期限は1年間・現地での就労許可が含まれたワーホリビザで滞在中に就職先、もしくはパートナーを見つけ、彼らにワーホリビザ後のビザスポンサーとなってもらい、数年滞在したあとに永住権を申請する方法です。

 

年齢が許せばこの方法が一番早く移住できる方法になります!若い人にとっては、金銭的な負担が少なくて済むのも良いところですね。

絶対ここに移住したい!という国が日本とのワーホリ提携国であれば使わない手はないワーホリビザ。しかし、ワーホリビザを取得できるのは1つの国につき人生で1度きりなので、くれぐれも計画的に!

2. 学生ビザ → 卒業生ビザ → 就労ビザ → 永住権

通常、学生ビザで海外の大学や専門学校などで数年勉強して卒業すると、卒業生ビザと呼ばれる就労許可を含んだ数年間の短期滞在ビザが取れます。

このビザステータスの間に雇用主を見つけて就労ビザのスポンサーとなってもらい、数年後に永住権の申請を行うケースです。

 

海外で専門分野、もしくは新しい分野を学び、それを今後のキャリアとして現地で生活していきたい人に理想的な方法となります。

3. 観光ビザ → 就労・フリーランス・起業家ビザ → 永住権

一定職種での熟年の経験や専門スキルがあったり、あるいは現地で新しいビジネスを起こす計画がある方は、観光ビザからでも永住権にリーチ可能です!

特に、現地に関連する仕事、現地で不足しているスキルがある場合、そして現地の特性を生かしたビジネス計画がある場合はさらに有力。

 

書類を揃えて国外から適切なカテゴリーのビザを申請、もしくは下見がてらまず観光ビザで入国し、数ヶ月滞在してみてから決めるということもできますね。

ちなみに、ドイツはアーティストやフリーランスでも長期ビザの取得が可能なことで有名です。

4. 観光ビザ → パートナー・婚約ビザ → 永住権

海外国籍のパートナーがいる場合、実際の関係に適したビザを経た後にパートナー出身国で永住権の申請ができます。

結婚していなくても、長期間の関係を維持している事実婚(デ・ファクト)であることが証明できれば申請が可能なので、同姓カップルでもOK。

 

パートナーの出身国でずっと一緒に暮らしたい場合に取るべき方法となります。日本の家族を移住国に呼びたい場合、国によっては家族呼び寄せ用のビザを申請できる場合があります。

スポンサーリンク

永住権に手の届くビザの取得方法

キングス・パークから西オーストラリアの州都パースを見下ろす

 

ここからは上記に上げた永住権の射程範囲である短期滞在ビザを取得する具体的な方法を解説していきますね。

1. 就職先の雇用主にスポンサーしてもらう

海外の現地企業に就職すると、現地の就労ビザをスポンサーしてもらえます。

今やネットでの就職活動があたりまえな時代。ビザはなくても、会社側がビザのサポートを惜しまないほどのスキルや人柄があれば、十分に就職のチャンスはあります!

 

しかし、基本は発行から数年の期限付きのビザとなり、スポンサーしてもらった雇用先でしか働けません。

よって転職したら転職先に再度スポンサーとなってもらい、新規にビザを取得する必要があります。

2. 現地でニーズの高い職歴や資格を生かす

一定職種において熟練したキャリアがありその関連資格を保有していて、かつその分野が希望の移住国において人材が不足している、もしくは成長が見込める分野であった場合、現地で雇用主が決まっていなくても就労ビザの申請が出来るケースがあります。

 

この場合はビザを取得した後に現地で就職活動することができ、ビザのスポンサーが不要なため雇用先に負担をかけません。

一つの雇用先に縛られないので一般の就労ビザよりも自由度が高くなります。その分、かなりの高度な専門知識と経験を必要とします。

3. 現地国籍の人と結婚する、もしくは事実婚の関係になる

これは狙って出来るものでもないですが…やっぱり家族の事情にはお硬い移民局も人道的。個人と会社という単位でではなく2人の純粋な関係があれば完結するため、一番手堅い方法といえます。

 

しかしこれを逆手に取って不法に滞在ビザを取ろうとする人がいるため、一緒に生計を立てているという金銭的な管理面や手紙・メール、お互いの家族との接触の経歴など、嘘偽りのない関係であることをきちんと証明する必要があります。

※そして友達からの情報によると、それでも国によってはビザ発給まで一苦労だそうですが…汗。辛抱と根気が必要なのは他のビザと同じなのかも。

4. 資産や年金を持ち込む

早期退職もしくは定年後に海外で暮らしたい人向けのリタイアメントビザや、国に投資することで取得できる投資家ビザも存在し、これも永住権に繋げられます。

これらのビザ取得条件は、国によって大きな違いがあるというのがポイント。中には現地銀行に一定の資産を預金するだけでビザが支給されるなんてところも!主に移住先として人気の東南アジア諸国では条件がゆるやかになっています。

 

自分の住みたい国での条件を徹底的に調べることが重要ですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?海外移住といっても短期から長期まで色々な方法がありますが、永遠に暮らせる権利である永住権の取得に至るまでにはいくつかのステップが必要となるのです。

どの過程を経るにせよ時間も費用もかかりますが、その過程上で自分が異国の地で生活することに心地よさを感じるかどうか、自分の今のスキルを活かしながら現地で生計を立てていけるのかをじっくり考察できるので、最終的なミスマッチは少なくなります。

こういった道徳上の理由も含まれた永住権ルールなのですね。

 

常に変わり得る最新の移民ルールについてはインターネットで情報を入手すべきですが、一般的な移民方法やビザの知識に関しては、書籍を読んで幅広く吸収することをオススメします!

日本を脱出する本
ダイヤモンド社 (2012-09-01)
売り上げランキング: 21,899

 

海外移住は人生で大きな変化の一つになります。腰を据えた計画と準備をしていきましょう!

 


 

この記事が参考になったり、面白いと思って頂けたら、よければ下記SNSボタンよりシェアをお願いします!
Facebook
TwitterInstagramにて、活動の最新情報や旅の写真をUPしてます。お気軽にフォローしてください。
ブログのご感想や、こんなこと書いてーというリクエストなどあれば、上記SNSで声をかけて頂いても良いですし、コンタクトフォームから一言お送りください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
         
        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


back to top